FC2ブログ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    SM TOWN NY 雑感 No.3   NY timesの記事について 

    NY Timesの記事(コチラ

    この記事を読んで、SM TOWN NYの公演の動画を見て、
    ずーっと考えてました。
    「この人、何にもわかってない」って言うのは簡単だけど、
    評論を読む限りスタンスはすごくフェアだし、きちんと取り上げてる。
    でも、まさかまさかの少女時代と東方神起はほぼスルーっていう。

    ヨーロッパではSHINeeが一番人気だし、欧米では東方は難しいのかなー
    という点も含め、色々と考えて一応、結論らしきものを出してみた。
    価値観や美意識の違いで、「ファンタジー」を共有していない、
    という点から、少女時代の場合、女性に求められるセクシーさの体現が
    ズレちゃってるというのはわかるんです。

    けれど、これがボーイズグループの場合だと、この視点では「?」なのです。
    ワールドワイドで評価されるセクシーさだったら、SHINeeより東方神起でしょ?
    SJも欧米的男性のセクシー像で高評価間違いなしのシウォンが欠席でしたし。
    SHINeeがヨーロッパで一番人気、なのも含めて(別に、そこには不満は微塵もないのよ)
    ボーイズグループの評価軸って一体どこなのかが、わからないー。



    って思ってたんです。
    東方神起なんて、殆どこれだけよ。パフォーマンスに言及されてるのは。

    and the duo TVXQ, a slimmed-down version of the long-running group by that name, who at one point delved into an R&B slow jam reminiscent of Jodeci or early Usher.


    この記事って、一見、アイドルについての評論のように見えて、結局のところ評価軸は「歌」とか「楽曲」。
    K-POPを知らない読者に向けて、イメージしやすいようにアメリカの歌手の例えをだしているのですが、逆に言うと欧米の価値基準で測れないもの、例えを出せないものは「よくわからないもの」と判断保留でスルーされてる気がします。

    SJやSHINeeでも「良い」って言われてる曲って、「REPLAY」「Juliette」「Ring Ding Dong」、「Mr.Simple」「Bonamana」「Sorry Sorry Answer」とみても、欧米のスタイルとの近似性があるか、「歌唱」としての聞かせどころのあるものです。私的には、比較的王道系SMPのラインに近くても「Ring Ding Dong」なら理解できるんだ、という点が興味深い。そして、SJはね、「Sorry Sorry」以降、どんどん俗っぽい方向、大衆化路線に舵が切られていて、ヨンジンアディクトとしては「うそでしょー」という展開なのですが、ですが、ワールドワイドに活動することを視野におくと、その舵の切り方は正しかったというのが、NY timesでの論評での扱いで良くわかりました。(所詮わたしの好みはマニアックということなんでしょう。)

    だから、「WHY?」みたいな、欧米のポップシーンから逸脱した奇怪なスタイルのものは、よくわからないものとしてスルーされてしまって、「Before U Go」なら語れるみたいなことになっているんじゃないのかと思います。(曲名は書かれていないけど、どう読んでもあの部分は「B.U.G」のこと)王道系SMPが多い東方神起って不利なのでしょう。きっと、「WHY?」ってSMPに免疫のない人が見ると「一体これは歌なのかい?」ってな感じなんじゃないかと思います。そして、少女時代ですが、実力はあるのにグループの作りが完全にアイドルなのですが、今回は、ファンタジーの共有で上手くいかず、更に、その韓国アイドル仕様の楽曲とか歌という点でも割を喰ってしまったようです。

    記者の方も、文中で「 all that effort to create one teen-pop star in a country that’s still starving for them.」「American teen-pop at its peak has never been this productive.」と書かれていますが、その状況って、そもそもアイドル文化がメジャーではないと言ってしまってもいいと思います。欧米ではティーンエイジャーの「大人の文化」への憧れが強くて、アイドルの需要が薄いのだと思うのです。そういうカルチャーの中でアイドルのことを語る視点そのものが定まっていないし、そもそも、成熟度への憧れが強い国では「歌唱力」や「セクシー」さが求められる国の、そういう視点での音楽評だったのだと思います。

    各種動画も見ましたが、東方だけスルーされなくちゃいけないほど、
    クオリティの点で見劣りしているわけではない、と思っているのが前提です。
    (ただ、チャンミンに歌の負担がかかりすぎてるのがちょっと気掛かり。)

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: こんにちは

    鍵コメ ア・・さん

    シウォンは間違いなく、受けると思います~。
    リップサービスでもなんでもなく。

    ご質問の件、ブログの方にコメントさせて頂きました。
    全然回答になっておりませんが・・・。
    ラビリンスからのご帰還をお祈りしています。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: こんにちは。

    鍵コメ y・さま

    お気持ちはよーくわかります。
    でも、ふつーのアメリカ人の感覚って
    ああなんだと思いますよ。

    でも、当初はなかなか「理解されないもの」の方が、
    より大きな価値を産むわけなので、イージーに受けるものって
    実は成功の余地ってさほどないとも言えるわけです。
    そういう点も含めて、この記事は示唆に富んでいると思いました。

    世間では、北米進出が少女時代だったことで色々取り沙汰している
    向きもありますが、でも、東方神起は大事にされてると思いますよー。
    単に兵役がどうとかじゃなくて、「これ以上疵をつける訳にはいかない」
    っていうのが一番大きかったんじゃないかと思います。
    先の見通しも立たない時期もありましたし。

    でも今となってみれば、実質的にはK-POPの象徴ですよね。
    私も「来るべきアジア市場NO.1」に備えているとみております。(笑)

    Re: こんばんは

    鍵コメ ま・・さん

    お久しぶりです。お元気でしたか?
    こちらこそ、大変興味深いご意見ありがとうございます。

    洋楽ファンの方たちって、時々ものすごく示唆に富んだご意見を
    くださいますよね。ヨーロッパの方が多様な価値観を受け入れる素地が
    あるというのは、ぼんやりとですが分るような気がします。

    歴史的にも珍奇なものを愛でるカルチャーがありますし。
    オリエンタリズムの愛好に限らず、ヴンダーカマー(珍品蒐集室)とか。

    アメリカ人の価値観の保守性について、コメントを読んでいて思いだした
    ことがありました。学生時代の美術史の教授がしていた話ですが、
    黒澤明の映画が何故、欧米で高く評価されたかというと、黒澤映画のストーリー
    はギリシア神話だからなのだ、というのが自説でした。
    つまり、黒澤映画の日本的な価値観を理解して評価されたのではなく、
    彼らの欧米的価値観・倫理観で理解できるストーリーであったから、
    評価されたのだ、ということなのだとか。

    ヨーロッパの文化や価値観は、ギリシア神話、キリスト教、西洋史、
    この3点を理解することなしには理解できないと。

    欧州で勝負を仕掛ける説、なるほど・・・です。
    でも既に、SHINee担当?
    ということで動いているのかもしれませんね。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: こんばんは

    鍵コメ ア・・さん

    その後のご報告ありがとうございます。
    実は、ソウルに遊びに行っていて、お返事遅くなりました。

    下げられる前の記事も無事に拝見させて頂いてます。
    「ひとつのグループをずっと応援している人の気持ちがわかった」
    っていう記事、共感しました。もう、全力で全肯定する勢いで。

    ア・・さんの客観視しにくい状況での個人的な体験を、誰にでも
    共感できるようにクリアに書かれているのが凄いし、個人的に
    すっごく好きな記事です。
    ではでは、またコメントさせて頂きますねー。

    はじめまして

    はじめまして。面白い記事ですね。
    私は洋楽が大好きなのですが
    (日本の曲はほとんど全く聴かないです)
    紅白を見てファンになりました。
    ファン歴浅過ぎですね(泣

    洋楽に慣れ親しんでいる者としては
    うーん....という曲もありますが大好きな曲もあります。Why?も大好きです。
    猛勉強中で、もうすでに大ファンです。
    ユノペンです。
    3月17日の埼玉にも参戦します。

    女の人の方が今までと違うものを受け入れるのが得意なのかなと思います。
    記事を書いたのが男の人かはわかりませんが...。
    「きゃー♡」だけで全てを飛び越えられるのです。ハハハ
    アメリカにも東方神起に悶えてい女子はいるんでしょうね。ワクワクします。


    これからも読ませていただきます!

    Re: はじめまして

    まよまよ さま

    はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    流石天下の紅白!!
    あれでファンに、それもユノペンに・・・
    なんて、素晴らしすぎます。

    そして、もうチケットをご手配済みなんて
    素晴らしい行動力!!!ライブにこそ
    彼らの真価と魅力があると思います。

    その折は、是非ご感想お聞かせくださいね。


    >「きゃー♡」だけで全てを飛び越えられるのです。ハハハ

    同感です!
    女性の方が、自分の直感とか感性に正直ですから、
    男性よりも早くキャッチアップできるんでしょうね。

    それでは、どうぞお気軽に遊びにきてくださいね。

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ancientoath.blog105.fc2.com/tb.php/540-233ccced

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。