FC2ブログ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    A Happy Birthday to ユノ 

    お誕生日おめでとう!!

    今年27歳(日本では26歳)と聞いて驚きました。
    もう、そんなに年月が経つのですね。

    万年ファン歴2~3年の中堅ファンみたいな気分でずっと
    いたので、オン・タイムで応援するようになってから
    もう6年になると数字で把握して、ちょっとくらくらしました。
    その長い間、ずっとアーティストとしての成長と
    素敵な青年になっていく姿を見守れて、ファン冥利に
    尽きるというもの、本懐です。

    だって、それがユノとあっては!!!
    ねえ?

    今年は、いよいよ新体制での「東方神起」としての正念場、
    真価が問われるツアーがはじまっています。

    ほんっとうに、いつも煩いファンでごめん、と思っていますが、
    けれども私の鑑賞のハードルを上げ続けた張本人のうちの一人なので、
    仕方がないと思っていただくしかないのです。


    **

    私がまだシナペンがメインで、東方さんたちの情報を「ついで」で
    拾っていた頃、海外のイベントだかコンサートだかで、宙吊りで登場して
    会場のファンのはるか頭上を横切っていくユノの神々しい美しさに
    心底心を打たれた方の記事を読んだことがあります。

    余りにも美しくて、他のメンバーもいるのにユノから目が離せず、
    そして、ファンの頭上をゆく姿が慈愛にあふれて阿弥陀如来のようだった
    というような、そんな内容でした。時期的に2005年頃だったと思います。
    因みに、ユノペンさんではなく、東方神起だけのファンでもなく、
    幅広いK-POPファンの方だったので余計に印象的だったのかもしれません。


    当時は、絵としては想像がつくけれども・・・
    でも、実感としては「どういうことか」わからない、
    と思っていました。


    けれど、ファンになって数多くのステージを見る中で、単に美しいのでも、
    目が離せないのでもなく、「神々しいほどに美しく慈愛に溢れている」と
    しか言い得ない瞬間に遭遇することが幾度となくあり、その度に、昔読んだ
    その記事のことを思いだしていました。
    ユノの姿を目にした人が、どんな自分であっても「全てを受け入れられている」
    と感じさせられる懐の広さを、その美しさの中に内在させているのです。

    そして、「その瞬間」は年を経るごとに、目にする機会が増え続け、その傾向が
    顕著になっているように思います。そう、最近ではステージの上とは必ずしも
    限らない場所でさえも、目にするようになってきました。



    **

    私の友人は、サイン会で泣いていたら(事情は割愛)
    「○○さん、泣かないでくださいねー、大丈夫。○○さん泣かないでー」と、
    あまりにも優しく慰められたという、韓国風に言うならば
    「前世でいったいどんな善行を行ったの?」という羨ましい逸話の持ち主。

    でも、その時、ユノは風邪で点滴を打ちながらハードな活動をしていた
    時期だったので、羨ましいより何より、いやいや「大丈夫?」
    はこっちが言いたい、と思ったものでした・・・。


    **

    殊に、第二幕がはじまってからは、その思いの深さに涙しそうになることも
    多々あり、最近は天使という表現も新しいファンの方は拘りなく使えるようで
    目にすることも増えてきました。

    でも、2005年のあの頃、パフォーマンスの中に「慈愛」という本質を既に
    見出していた、あの記事の書き手は相当な慧眼だったと、今でも思います。
    あの頃の5人の立位置と役割分担では、ユノはどちらかというと「リーダー」
    としての別の面がよりフォーカスされていた時期でもありました。


    **

    辛い経験を通して、学んだこともあっただろうし、
    鍛えられてより深い洞察力と思考力を身に付けたのだとも思います。

    けれども、魂は常に顕れたがっている、という
    その人の本質はどんなことをしても、表層に表れてしまうのだという、
    極めてシンプルなことのようにも思えます。

    表面をどのように取り繕ったところで、口先だけで言葉にしたところで、
    その人の内部にないものは顕れようがなく、ましてや、言葉なしで佇まいだけで
    「伝える」ことなどできやしないと思うのです。

    最近のユノには、そういう「凄み」すら感じる瞬間があります。
    スキル∔表現力∔精神性、と3拍子遂に揃ったか!?
    ・・・と言っても良いと思える時も。

    **

    24時(6日)までに、メッセージが間に合わないと思った時点で、
    既に、モノローグと化していますが・・・。


    今回のツアーは、東方神起がアーティストとしての
    真価が問われる、ここ一番の頑張りどころだと思います。
    でも、体調と怪我だけには気をつけて、楽しんで欲しいです。

    あれだけ尋常じゃない頑張り方をしていたら、
    後はコンディションさえ良くて、回数を重ねたら、
    ぜーーーったいに出来は良くなっていくのは間違いない!


    お誕生日直後の、福岡公演。
    今週末参加できるので、楽しみです。

    お誕生日おめでとー。

    コメント

    お久しぶりです!

    ユノの誕生日にあたり、とっても素敵な記事を書いて下さり、本当に嬉しくなりました。
    私も去年の秋、MSGで頭上をゆっくりと移動していくユノを見て、そのあまりにも神々しいまでの美しさと優しさ溢れる表情にその場に平伏したくなったものです。 ただ、コンサートの内容自体には非常に疑問が多く(彼ら自体ではなく、SMの方向性などに)NYタイムズをまな板に載せて下さったあやんさんの文章も何度も読ませて頂きました。 そして、同感する部分も多かったのですが、考え込んでいる内に月日だけが過ぎてしまうという状態で。。。。
    今回もNYから広島に駆けつけます。
    そして、彼らの、彼らだけのコンサートを思いっきり楽しむつもりです。

    泣けました

    久々のコメですが、記事は読ませていただいてました。仕事が一段落して「そういえば、あやんさん、ユノの誕生日に記事書いてらっしゃるかしら」とチェックしたら....いやあ、なんだか目頭が熱くなってしまい、周りに職場の人がいたのでごまかすのにあたふたしちゃいましたf(^_^;
    一年前に「Why」で一発で釘ずけになり、そのパフォーマンスゆえにファンになったつもりでしたが、あやんさんの記事を読んでユノと言う人そのものにも、私は惹かれたんだな、とあらためて自覚しました(笑)
    あやんさんの六年間のユノ歴、うらやましくもすごいことですね。あやんさんのような時に深い愛情に裏付けされた厳しく深い観察をできるファンがいるのもユノのユノたる由縁だと思います。私としては時に菩薩、時に阿修羅にもなる(もちろんステージ上で)ユノを存分にライブで見てみたい!26才のユノユノの飛翔を、心から楽しみにぢています。
    あやんさん、すてきな記事をほんとにありがとうございました

    Re: お久しぶりです!

    chapachanさん

    こんにちは。
    あの上空を横切っていく演出そのものは、別に目新しくも
    なんともないですけれど、でもユノにはハマリすぎてますよね。

    たぶん、あれが「帰ってきた東方神起」を象徴している
    こともあって、この1年、幾度となく記事に書いたことを
    思い出しては考えることが多かったです。

    chaoachanさんはNYご在住なのですね。
    NY公演をご覧になれたなんて素敵!
    ・・・なのに、もやもやされてしまったのですね。

    SMの方向性なのか
    二人が過渡期にいるからなのか

    日本のコンサートをご覧になると、また色々と
    お感じになることもあると思います。
    遠路はるばる、広島公演までご参加なんてすごい愛!!
    是非ぜひ、楽しまれてくださいね。

    Re: 泣けました

    ロータスさん

    コメントありがとうございます。

    >ユノと言う人そのものにも、私は惹かれたんだな、と

    絶対そうだと思いますよ!
    歌やダンスに限らず、何気ない動作のひとつひとつにも、
    「その人自身」が隠しようがなく表れてしまうものだと思います。

    ひとって、無意識のうちに感じ取っているんじゃないかと。


    >時に阿修羅にもなる

    そうそう、なりますよね!!
    阿修羅ユノも素敵~

    ユノの怒りにはいつも悲しみが伴っていて、
    それが見るものの心を揺さぶるんだな、と。
    WHYしかり、Rising Sunしかり。
    ライサンのラストは、何度見てもいいと思います。

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ancientoath.blog105.fc2.com/tb.php/548-7eb6a3f4

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。