スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    新潟 2/18 

    なんと、見切れが取れてしまい、チャンミンお誕生日ライブに参加すべく新潟に来ました。

    友人から、
    「チャンミンのお誕生日で、うざいくらいテンション高いユノが見れるわよ一緒に行きましょう」
    と誘惑の言葉を囁かれ、
    いや、ユノはサプライズの段取りを忘れないように気もそぞろだから、
    テンション高くなるのはミッションを果たしてからよ!
    と私が言った通りの展開に(笑)



    以下ネタばれあります。

    冒頭からツアーを2011と言い間違えて、
    「ひとつ間違っちゃった」とユノ。
    最初のMCでは、雪が降っていると言いたいところを何故か雨と言い間違えて、
    「雪を雨って言っちゃって変だね僕は」って言ってるのですが、
    もう、チャンミンのお誕生日企画のことで頭がいっぱいなのが明らか。
    わかりやすすぎるったらありません。

    アンコールのMCで、ユノが一旦引っ込み
    奥からケーキをのせたワゴンと共に再登場。
    ハッピーバースデーを。

    ろうそくの炎を吹き消しおわった瞬間ぐらいの絶妙なタイミングで、
    ユノがクリームをかなり派手に擦り付けて一言。
    「やっと復讐しました」


    でも、そこからのトークはほとんど溺愛モード。(笑)
    このイベントのために、12時ぐらい(たぶん日付が変わった24時のこと)に
    メールをしようと思ったのも止めて、我慢したからやっとおめでとうが言えた、とか。

    顔もハンサムで、歌も上手いし、背も高いし、イケメンだし
    魅力をたっぷり持っているんじゃないですか。
    と、まあ褒める褒める(笑)
    クリーム塗れの、この姿まで格好良い!!とすら。

    一番私がぐっときたのはこのあと。
    この流れが一旦落ち着いて、センターステージに移動する流れの時にユノが
    客席に向かって「もう一度チャンミンにおめでとうをいいましょう!」って
    音頭をとって皆でおめでとうコールになって。
    でも、それでもまだまだとユノが「もう一度」って、また煽るのです。

    「(誕生日を)祝ってもらえると、ちょっと感動する前までにいっちゃいますね」
    と、チャンミンがまた非常にわかりにくいことを言うので、
    みんな「感動する前まで???」っていうふうになった時にユノがすかさず、
    感動するんだけど恥ずかしくて、こういうふうに言うんですね、
    とあのあまりにも優しい顔と声で言うじゃないですか!!!

    もう、なんて溺愛っぷりなのかしら、と。
    そして、ユノはマイペースでKYな時も多いけれど、
    こういう人の気持ちを慮る時のフォローのきめ細かさは、
    本当に絶妙なのですよ。

    「もっと、頑張って生きていきますんで、宜しくお願いします」と、
    チャンミンはまとめて終わらせたかったのに、
    ユノがファンが掲げてるチャンミンのセンイルメッセージの団扇を
    次々に読みだして、韓国語講座のように。

    「一人の誕生日の話はこの辺にして。」とチャンミンが仕切りだし、
    自分のことを他人行儀に語るという新しい手法までご披露くださいました。

    まあ、これで気が楽になったのかユノが「We are T」をかーなーり、
    ハイテンション気味に4連続だか5連続立て続けにやったり。
    予定調和なMCの流れがかなりアドリブが利いて面白かったです。

    チャンミン、センイルチュッカへ。
    ユノ、大役お疲れさまでした。

    まずは、取り急ぎ。



    コメント

    2/19

    以前、TONEの感想のくだりで和音の構成と曲の展開についてコメントさせていただきました。
    私も同じ日の新潟に参加していました★
    じつは名古屋の初日にも参加していたのですが。


    福岡はさんで1か月たらずですごく上手くなっているのに吃驚しました!とても丁寧に2人が楽曲や演出を掘り下げているのが伝わってきました。

    特に、thank you my girl はちょっとアレンジいれたのかな、と思うくらい。もともとカノンを忠実に上手くアレンジされている曲なので、サビの掛け合いの部分はきちんと再現してほしかったのですが、名古屋ではまだ自分のパートを追いかけるのに必死な感じがありましたけど。新潟では(音響も関係しているんでしょうが)きちんとフれーズのつながりが自然につながっていて、むしろCDより上手くなっていると思います。バックのカノンとのハーモニーがすごく綺麗に響いていたのが印象的でした。
    全体的にユノは音程が安定してきているし、チャンミンは、もともとの力強い声が上手く抜けて、柔らかさや抒情を表現できるようになっていて、もうこの先どこまで進化していくのかすごく楽しみです。

    あと、アレンジと言えば・・・
    I think U-know のAメロのチャンミン。アレンジ入れてましたよね??ちょっとあれ??っと思ったのですが。もともと原曲の音域だと声出しにくそうだったので、アレンジ版のほうがいいと思うのですが。確か名古屋では原曲のままだったので、福岡ではどうでした??(個人的な質問ですみません)

    あのアレンジ、ちょっと、韓国のヨンジン先生っぽい曲の展開の仕方で個人的には「あり」なんですが・・・


    まだまだ絶対上手くなってきますよね、きっと。この先を聞ける人がとてもうらやましいです。

    本当は不安でいっぱいだったんです。
    でもなにを心配していたのか忘れるくらい素晴らしい公演でした!!もし今後も参加されるなら是非感想をお聞きしたいです。



    Re: 2/19

    ちひろ さん

    こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    今回は時間が足りなくて、まだちゃんとレポート書けずにいますが、
    実は今回は、歌の方はそこそこな感じの感想になるかもしれません。
    わたしがついつい、見る方に夢中になってしまって、歌の方は4thツアー
    の時のように、ガッツリ聞けていないのです。
    (忙しすぎて、それほどCDを聞きこんでいないというのもあります)

    なので、ご参考までに・・・ということで、
    私の印象に残っている部分は書かせて頂きますね。

    今回全般的に、バックコーラスのオケが薄いと感じています。
    CDでは、かなり存在感を放っている「WHY?」のヨンジンさんの
    コーラスもあっさりしています。

    だから、二人になってるのに意外と「しっかり」「きっちり」歌って
    いるんですよね。もっと、コーラスで厚みを出してくるのかと思ってた
    のですが、逆に今までは5人だから厚みのあるバックコーラスを入れても
    負けなかったのが2人になったから、全体のバランスで薄くしてきた・・・
    というか、薄くせざるを得なかったのかなと思います。


    「Thank you my girl」は、その顕著なものではないかな、と思ってます。
    あの歌、輪唱なのに、生歌感がすごく強いですよね。
    ちひろさんの仰るアレンジって、サウンドでしょうか、それとも歌?
    次回、注意して聞いてみますね。(現時点では歌のアレンジ要素は感じませんが、
    ぼーっと聞いてますから、断言はできません。。。)

    >I think U-know のAメロのチャンミン。アレンジ入れてましたよね

    え、わたし単に完全に音程外して歌ってるんだと思ってました。
    っていうか、アレンジって、あれアレンジの範疇に入れていいの?

    福岡は原曲通りでしたが、でも横浜も福岡もピッチはズレてましたし、
    あの曲はキーがそもそも合わないから、選曲そのものに無理がありますし。
    新潟19日は喉の調子がイマイチで、もう無理だったんじゃないかと
    思ってました。。。

    でも歌で言うなら、STLの冒頭のアカペラも、なんでセオリー通り
    3度上を歌わないんでしょう。で、毎回ピッチがズレるって、うーん。
    シンプル・イズ・ビューティフルだと思うんですけど。

    単に私の音楽的経験則と教育がオールド・ファッション
    という可能性もありますから!!(笑)
    今後参加する回は、じっくり聞いてきますね。

    お返事ありがとうございます。

    いえ、アレンジとして聞けばあの違和感は解決するかな、と思ったのです。(あんなに外すことはないだろう、が前提なのです)「原曲の3度上」(で歌ってたんでは?)と思えば音楽的には間違ってないし、チャンミンの新たな挑戦として捉えられるので。

    thank you my girl は最後のサビのオケの部分を変えたかな?と思うのですが、ちょっと自信なくなってきました。元のカノンのラストに近い編成に聞えて、CDより厚みがあった感は確実なんですが。ファンの欲目としては歌のクオリティが上がったから!!と思いたい部分もあるんですけど。

    ちょっと気にして聞いてみて下されれば嬉しいです。というか断然残りの公演に行きたくて仕方ないのですが。

    Re: タイトルなし

    ちひろさん

    > いえ、アレンジとして聞けばあの違和感は解決するかな、と思ったのです。(あんなに外すことはないだろう、が前提なのです)

    ちひろんさん、なんて、やさしいの!!!
    わたくし、そんな風には一瞬も思いませんでした。
    駄目だこりゃ、で終了。(苦笑)

    >「原曲の3度上」(で歌ってたんでは?)と思えば音楽的には間違ってないし、チャンミンの新たな挑戦として捉えられるので。

    ハモリなら3度上ありですけれど、音楽的に言えば、主旋律が3度上に
    変わったら必然的に調性も変わるわけですが、オケはそのままでした。
    あの曲の展開でAメロを分断して調性を変えるのも、オケはそのままで
    主旋律無しで3度上を歌うのも、オールドファッションなわたしの解釈では
    無いよね・・・ってなるので、必然的に「外したな」と思ったんですよね。

    でも、セオリー外しも実際には、結構ありますし、
    わたしは「外したな」と思った瞬間、もうあまり聞いてなかったので。
    これは次回の宿題ですねー。

    残りの公演も、見切れ席もでますし、ドームの追加公演がきまって、
    ダブつく会場もあるかもしれませんし、まだチャンスはあると思います!!
    ご都合がつくようなら、是非頑張ってみてくださいね。
    ふぁいてぃーん!

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ancientoath.blog105.fc2.com/tb.php/553-3ec3fd0f

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。