スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    LIVE TOUR 2012 ~TONE~ 2/12 福岡  No.2  各曲感想 

    福岡12日の感想の続きを、地味にUPしていたのですが、
    どういう理由か作業の途中で、既に3~4回書いたものを
    消してしまったので、こちらに分けることにします。

    ***
    ひとまず各曲感想を記録しておきたいと思います。
    パフォーマンスが素晴らしかった福岡12日が中心ですが、
    今回はぼーっと聴いていることも多いので、福岡の・・というより
    全体的な感想という部分もありますが。



    *書いたものが消えてしまったので、随時書きなおしていきます。
    【B.U.T】
    この曲の演出で良い!
    と思うのは、二人がそろって曲が始まるまでに
    リズム主体のこの曲のイントロを3回聴かせるところ。

    「いよいよコンサートが始まる」という高揚感をイントロのリズムに
    集約させることで、私のように「旋律ありき」で曲を聴く訓練がされて
    しまっている人ですら、「リズム主体」でこの曲を聴かせる仕掛けも
    同時にされています。副次的な要素だと思いますが、この曲を旋律ありき
    で聴いていて、全くピンとこなかったという私にとっては、とっても重要。

    本当はこの曲のパフォーマンスが好きなので、
    普通のダンスバージョンで見たかった、とか、
    本格的に歌い出す前の導入曲にされちゃったわ、とか
    色々あるのですが、活動曲でがっつりアーカイブも残っているので、
    そういうあれこれは全て封印しています。


    【Superstar】
    2曲目にして、この盛上り!!
    もうそれだけで私は、涙、涙です。

    この曲は、東方神起にとってのチャレンジ曲。
    エイネのようなアウェイな場所で、自分たちのファンではない
    人たちまで巻き込むパフォーマンスをする為に、何の予備知識もなく
    盛り上がれることを想定して用意されてた曲ではないかな・・・
    と思っています。

    CD発売時の各種TV番組では、そういう盛上りの完成図を見せられず、
    「何でこの曲なの?」と、選曲に関して相当に喧々諤々でしたが、
    非難の矛先はエイベに向かっていても、「微妙」と思わせてしまった
    ということは、どんなに庇ってみたところで、この曲に於けるベスト
    パフォーマンスを作り出せていなかった、ということだと思います。

    けれども、その後のエイネでのステージで、「WHY?」のような完璧に
    魅せるSMPとはまた異なる、会場との一体感を創りだす「ステージの在り方」
    の方向を示し初めていて、プロモーション時には良く分からなかった、
    この曲をパフォームする目的、彼らの目指すもうひとつの新しい姿が見えた
    ような気がしたものです。
    勿論、会場が大合唱になってしまうような嘗てのミリオン・セラーグループ
    のような盛上りと一体感には、まだまだ及ぶべくもなかったのですが。

    福岡の盛上りと一体感は、あの時見えたような気がした、
    新たな東方神起のパフォーマンスの可能性そのもの。
    その場にいるものに陶酔感を覚えさせるに十分なものでした。

    けれども、福岡はあっつーーいファンとコンパクトな会場です。
    スタジアム・モードのさいたまアリーナ、東京ドーム、京セラドームと、
    都市部開催&ハコが大きくなるにつれて、ライトファンの比率もまた
    増えて会場の雰囲気は激変すると思います。

    そんな中で、どこまで二人がこの曲で熱狂を作り出せるか。
    二人のチャレンジは、まだまだ続きます。
    (正直にいうと、たまアリが心配ー)


    この曲で大好きなポイントがあります。
    イントロが終わってチャンミンのパートの時に、ユノが後ろにまわって、
    次の自分のパートの出番をダンサーさん達と待っているのですが、
    この時ユノは毎回、後ろを向いてダンサーさん達と手を合わせて
    「ファイティン!」って必ずやってから、自分のパートに入るんです。
    ユノペンのみなさま、是非是非チェックしてみてくださいね。


    【I Think U Know】
    この曲で、特に上手いと思うのはユノのポージング。
    ハイトーンのパートが多く、中盤部分でチャンミンのパートが
    ずっと続くために、ユノの歌がなく手持ち無沙汰になる部分があるのですが、
    その間、ダンスじゃなくて「ポージングの切り替え」で見せる部分がありますが、
    毎回上手いな~と見とれています。
    ポージングであそこまで魅せるって凄い。

    この曲もファン・サンフンさん振付?
    確か彼の振付の「I Don't Know」もヴォーキングの影響が色濃かったので。

    歌は音域が広くて大変。
    こういう曲こそ、「声が出ている時」じゃないと、中々歌いきれるものじゃないので、
    3曲目にもってくるって相当にチャレンジャー、というか歌手泣かせ。
    低い方は、チャンミンは完全にキーがあっていないのに歌わされていますし。
    けれども、この低音があるからサビのハイトーンが活きるので頑張って!!

    そしてそして、この曲でのサビの部分のユノの声が良い!
    2サビか、3サビぐらいの時の声が良く響くので、「あ、良い!」って
    福岡では特にハッとさせられました。


    【MIROTIC】
    このリアレンジ、良い!!
    二人の良さが活かされてると思います。

    4集の「妖しさ」を感じさせる冗漫な表現要素をばっさりカット。
    シンプル&力強さを強調した「MIROTIC」に。
    なのに、全然、単調になっていないのは、二人が如何に表現力を
    身に付けたのかと、成長を感じさせる部分です。

    4集の時みたいに、華やかなコーラスアレンジで変化をつけつつ
    盛り上げていく、とか出来ないのに、ともすると単調になりがちな
    リピート要素の多いこの曲を、ここまで聞かせてくれるわけです。
    ひとつには、ミドルトーンのユノの声が相当にクオリティを上げてきて
    いる・・・ということがあります。

    それに、この曲は比較的音程の幅が狭いので、二人ともかなり安定して、
    高いクオリティで歌うことができている、というのが大きいと思います。
    (4集での、後半のコーラスパートのフェイクの印象が強くて、もっと
    高音でガンガン歌わなきゃいけない曲だと勘違いしてました。)

    中盤以降のサビ(2サビとか3サビ)「I got you under my skin」
    の部分の、ユノの声の厚みと響きが、ほんとうに素晴らしい!!
    ステージを見るのに夢中でも、毎回この部分で耳を奪われるほど、
    この部分のユノの声が本当に素晴らしいのです。


    【時ヲ止メテ】
    福岡11日の感想で書いているので、省略します。

    曲終盤のチャンミンのロングトーンは、
    是非、声のクオリティで聴いて欲しいところ。
    前の旋律からノンブレスで歌いきるのも単純にすごいけれど、
    わたしの干渉ポイントはあくまでも声。

    ここはその日のコンディションが如実に現れるポイントで、
    ロングトーン後半の力みが消えた瞬間からの声の伸びや響きがすばらしい!
    コンディションの良かった福岡は特に、はっきりとその違い、声が変わる
    瞬間が分かるほど前半部分と終盤部分の声が全然違うのです。
    (コンディションがそこまででは無いときは、曖昧な感じで分かり難い
    かもしれません)

    いずれにしても、もっと声のクオリティが上がる余地があるはず・・・と思いました。


    コメント

    はじめまして

    過去記事も読ませていただきました。プロのライターの方ですか。違ってたらごめんなさい。すごく詳細に文章になさっていて、素晴らしいです。
    私は、いわゆる新規ペンです。二人になってからの東方神起のファンなのですが、彼らってすごく中毒性があって、過去のアルバムもたくさん聴いています。
    5人時代の曲もどんどん二人のものにしてよみがえらせて欲しいものですね。

    また、ブログ拝見させていただきます。

    呪文、ユノの~I got you under my skin~。注目ですね。

    Re: はじめまして

    あきさん

    こちらこそはじめまして。
    コメントありがとうございます。

    お褒めの言葉、ありがとうございます。
    勿論わたしの生業はライターではありませんー。
    K-POPがマイナーな頃にシナペンだったり、
    不遇な時代の東方神起から応援していたので、

    「何が魅力的なのか!」
    「どういう風に素敵なのか!」

    を、常に他人にわかってもらえるように伝える
    必然性に迫られていたので、鍛えられたのです。
    常に、ひとりプロモーター状態でした。(笑)


    今回本当に、新しく二人のファンになってくれた方が
    如何に多いのかを、至るところで知って本当に嬉しく思っています。
    もし、宜しければ「完全に嵌るきっかけになった曲」を
    教えていただけますか?

    宜しくお願いいたします~。

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ancientoath.blog105.fc2.com/tb.php/557-0801e0ff

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。