スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    広島 3/3、3/4 

    他会場と比べ、薄暗闇がかなり濃く、深く
    肉眼では見えるはずのステージ上の人物が
    見え難いこともあるライティングでした。

    けれども、結果としてその闇の存在が
    「光」をより効果的に演出することになり、
    光と影が幾重にも交差し深い陰影を織りなす、
    非常にアーティスティックで印象的な
    ステージになったと思います。
    広島はユノもチャンミンもコンディションは抜群。
    チャンミンも力むことなく、のびのびと歌い上げ、
    二人とも声の状態も良ければ、身体もものすごく
    「動けて」いました。
    同じく内容の良かった福岡と何が決定的に違うか、
    というとこのステージの「深い陰影」が作り出す奥行きが
    単にステージの演出効果に留まらず、鑑賞者の心にも重なって、
    幾重にも重なった感情の層の奥まで届いたのではないかと思います。


    東方神起のステージが、今まで「エンターテイメント」
    だったとしたら、そこにアーティスティックさが加わった。
    それぐらいの効果があった、と思ったのはそれ故です。


    そして、このライティングの「薄暗闇がかなり濃い」件
    ですが演出の手直しとかではなくて、会場側の設備状況と
    オプションで設置できるものの限度で仕方なく、通常より
    減っていたのではないかと思います。

    確かにちょっと薄暗い照明からはじまる曲は、
    かなり見難かったものもあったのですが、
    今回の東方神起のライブツアー「TONE」という作品が
    二人のパフォーマンスが抜群に良かったことと相まって、
    またひとつ「ステージを上げた」作品にグレードアップ
    したと思います。

    そして、「光と影」の印象が、パフォーマンスによっては
    彼らの人生に重なっても見えました。

    「叫べ! この世にある限界突破」
    「叫べ! この世にある頂上制覇」


    「Maximum」なんて、本当にそうやって闘ってきたのだろう、
    と思えました。

    本当に、美しくて印象的なステージでした。
    二人とも本当に素晴らしかった!


    ・・・のですが、まだレジェンド認定は出しません。
    今の二人の創るステージとしては、相当にハイレベルな
    ところまで到達したと思います。

    けれども、やはりあとは歌!!
    今もかなり上手いと思います。
    重箱の隅をつつくような、細かい上げ足とりじゃなくて、
    本質的な部分で、まだもう3段ぐらい上がれる余地があります。

    とは言っても、今回のツアーは「T」のように
    「見る楽しさに溢れたステージ」。

    横浜のステージ空間ガラ空きの課題を既に福岡では解決して、
    仕事の痕を感じさせられ、痛みを感じずには見れなかったステージを、
    単純に「見る喜び」を感じさせるステージへとどんどんブラッシュアップ
    してきているのに、まだリクエストがあるのか!!とご意見頂きそうですが。


    でも、あれほどの努力をしていて「諦めていない」のが分るのに、
    これで良いとは言えません。

    ・・・それに、わたしのブログを読んでるのか!
    と思うぐらい、課題解決がされてるんですよ。
    特にチャンミンの発声とか歌い方。

    きれーーいに、声が伸びてます。
    特に4日は、一際良かったと思います。


    そして、実は3日はプレミアム席だったのですが、神席でした。
    指差していったのは私のこと、だったのか?
    という気がするのですが、確信はありません。
    (ただ、ほんっとうにしょうがない理由で思い当たることが・・・)

    周辺のみなさんは、キャーとか誰もいってないので、
    振付の流れの一環という可能性を否定はしませんー。

    普通は、誰かのことを指さしていっても、
    みんなが「私を見た!!」と思わせることができる
    のがユノの凄さ!!なので、誰もキャーって言ってない
    っていうのが不思議で不思議で・・・。


    それで、ひとつ思いだしました。
    広島両日とも、ユノの何が凄いって、ユノが移動すると
    会場がどよめくのです。

    移動と共に、ちょっと手を振ったり、振り付けの振りを
    ファンの方へ向けたり、視線を送るだけで、歓声が飛ぶのです。
    それがユノの移動の動線と共に続くのです。

    わたしもわりと、過去からライブに参加している方だと思いますが、
    ステージでパフォーマンス中にユノが何かをして、会場が沸く
    というのは普通にありますが、ユノの移動とともにどよめきも
    移動していくなんて、初めてみたかも。2日間共です。

    いやはや、本当に凄いものを目にしてしまいました。

    コメント

    あやんさん
    広島レポありがとうございます。
    ツイでは絶対に知ることのない情報ばかりで、さすがの観察眼と視点に感心したり、ありがたがったり・・・
    うす暗闇のステージ、見てみたかったな。ほんとにたかだか三か所のステージを見ただけでも、どこも全体の印象が違うのは、二人のコンディションやパフォーマンスの出来の違いだけでなく、照明のひとつひとつ、音響やらなにやら、箱を構成する要素すべてによるのだな~と漫然と思っていました。LIVE行脚のおもしろさを知ってしまってやばいですよね~!。
    チャミの声、修正されてたんですね。私もあやんさんのブログをチャミはチェックしていると思います。というか、古くからのファンのあやんさんのブログをユノがチェックしてチャミに教えてたりして・・・なんてこともありそうじゃないですか!?とにかく、どんどん良くなっている感は伝わってきます。
    そうそう、ユノが動くと会場がどよめく・・・ってなにかすごいですよね。
    確かにいろんなところで言われてきた「生ユノはやばい」というところの、ステージの上でのオーラのなせるわざなんでしょうか?私もひいき目なしに、動いているユノに釘づけになってしまい、ソロ以外のチャミの動き、ダンサーさんの動きがあまり記憶にないんですよね。頭のてっぺんから手足の指先まで神経に行き届いた、かといってとってつけた感の全くないナチュラルで脈々と血の通ったたおやかかつ力強い動きはちょっと驚きでした。
    5人時代のDVDも見ましたが、あの頃と比べて格段にダンスや一つ一つの動きが上質かつ力強くなっていて、すごいな~と感心するばかり。キスクラで鍛えた体幹も関係してるかな?
    いつも、あやんさんにはユノやLIVEを楽しむ視点を教えていただいて、本当に感謝しています。
    福井もいらっしゃるとのこと、新しい発見があったらまた教えてくださいね。

    Re: タイトルなし

    ロータスさん

    コメントありがとうございます。
    勿論こんなPV数が少ないサイトを、関係者が見ているとは
    全くもって考えられませんー。まず、ないでしょう。

    私の指摘って、別に何も特別なことを言ってるわけではなく、
    ごくごく当たり前の、普遍的な一般的なことに過ぎないですし、
    素人の私がそう感じるぐらいだったら、当然、関係者がその都度
    指導しているはずだと思います。

    ただ問題は、過去の2nd、3rd、4thですら、コンサート後半で体力が
    無くなってくると、とにかく「力」で歌おうとして、歌が粗くなる
    ことが殆どだったのに、今回はかなり修正されてきています。

    過去ずっと(恐らく)本人も分っていても、どうにもできなかった
    ことが今回は、かなりの確率で修正されてきているということが、
    すごいことだと思っています。


    >ユノが動くと会場がどよめく・・・

    本当に凄かったですよ!
    今までだと、ポイントポイントでのユノのアクションに対して
    その時々で会場の反応がある、という状態でしたが、今回は
    ユノの動きと共にどよめきもウェーブのように移動していく・・・
    という現象が幾度となくおきていました。

    勿論、ずーっと続いているわけではありませんが、
    一か所がどっと沸いてお終いではないことの方が多かったです。
    今回、ユノはきっと何かを掴んだのではないかと思います。
    空間に対する神経の行き届き方が、本当に素晴らしいです!!

    横浜初日で気を揉んだことが、嘘みたいです。
    ロータスさんも、何か発見があったら是非、お知らせくださいね。
    宜しくお願いします^^

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    うれしいです

    はじめまして。
    マチュと申します。
    私、4日の広島に参加してました。
    5人時代からのペンですが、チケットがとれたのが今回初でした!
    一般アリーナのビギ最前列で、肉眼で2人の顔がちゃんとみえる席でした☆
    そして当たり前の如く生ユノに打ち抜かれましたe-272
    初なので、何もかもに感動しまくりだったのですが、今日あやんさんのレポに辿り着き、初参加なのにめちゃくちゃいい状態の回に参加できていたのだということを知って1週間たった今また幸せな気持ちが膨らみ、ドキドキが戻ってきました。
    うまく伝えられているか心配ですが、本当にうれしいです。
    ありがとうございました。

    Re: うれしいです

    マチュさま

    はじめまして。
    お返事が遅くなって大変失礼いたしました。

    東方神起の初ライブが広島公演!!!
    って、ものすごく贅沢で幸せなご経験だと思います^^
    広島は今思い出しても本当に良かったです。

    4日の方が、更に盛上ってましたよ。
    ハニパニでトラブルに臨機応変に対処する
    ユノも見れましたし。

    こちらこそ、あの幸せな時間を共有して頂き、
    わざわざコメントくださってありがとうございます。

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ancientoath.blog105.fc2.com/tb.php/558-2111647c

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。