FC2ブログ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    LIVE WORLD TOUR Catch Me in SEOUL 11/17、18 

    ツアー前には、Catch meのレビューを終わらせる予定が、
    気管支炎にかかってしまい、安静第一で必死に治して、
    なんとかソウルに行くことができました。
    (未だに終わらせてなくて、すみません)

    1週間前には、他の別の病気が発症して、
    行けないかも・・・?

    と思ったのですが、無理やり渡韓。
    16日の授業の後にソウルに飛び、19日の朝一に戻ってきて
    学校に直行したので、今週の疲労度は半端なし!!
    なのですが、行ってきて良かったです。

    もうすでに皆さん、セットリストも感想もUPされて、
    ご覧になっていると思うので簡単に。
    今回、私が感動したポイントがセットリストと構成です。
    初日は特に、ネタばれなしなので要所要所で本当にぐっと胸に迫って
    きて、本当によく考えられたセットリストだと思いました。

    ただ、イントロが引っ張りすぎで(映像を変えて3段階ぐらい引っ張ってた)
    挙句の上にRising Sunで普通に登場という芸がないことをしてくれて、
    登場の演出は日本のTONEの方が上手かったな、というのが率直な感想。

    それに、韓国のコンサートがどんどん洗練されてきている為に、
    日本のコンサートと韓国のコンサートの差がどんどんなくなってきて
    しまっていて、韓国語で韓国のアルバムの曲を歌っている以外は、
    韓国らしさがあまり感じられなくなってしまったと思います。
    これは、日本人の多さも大いに影響している・・・のですが、こんなに
    日本人が多い公演は初めてでした。

    耳元で終始叫びまくっている子とか、大声で歌い続けている人とかはいない
    のでストレスが全くないのですが、これって本当に韓国コンなの!?
    みたいな一抹の寂しさを感じるのもまた事実。

    映像が多いのは仕方がありませんが、怒涛のダンスナンバーを前半と後半に
    もってきてくれたのが見応えがありました。その間に、過去のバラード曲が
    散りばめられていましたが、圧巻はやはり、バラードメドレー。
    I never let goが流れた時は、ちょっとしみじみとしました。
    想いも掛けずに、もう二度と聞けないのかもしれないと思っていた曲が掛かる
    というのは、本当に思いがけないサプライズで、それだけでぐっと胸に迫る
    ものがありました。

    今回は本当に、セットリストと構成が素晴らしくて、もうそれだけで満足です。

    セトリで感動したのは、主に以下の3箇所。




    その1 「”O”正・反・合」

    もう二度と『”O”正・反・合』は見れないかもしれないと
    思っていたので、”O”のイントロが始まった時には、
    これで本当にいろんな呪縛から解放された気がしました。

    特に”O”は、5人のフォーメーションの完成度が高く、且つ役割が決まっている
    こともあって既に完成されていること、5人でもパフォーマンスを行うと負担が
    大きいこともあって、2人でやるのは現実的ではないと思っていたのです。

    そこに敢えて着手した、という勇気とチャレンジに感動しました。
    あれは5人体制の曲だから、はっきりいって無理があるのです。
    けれど、「やらない」とか「出来ない」って限界は設けないという気持ち。

    敢えてやるという「意志」と「気概」。
    本当にすがすがしかったです。


    その2 バラードメドレー&I wanna hold you &바보(Unforgettable)

    ・バラードメドレー
    時ヲ止メテ(Korean Ver)
    I never let go
    약속 했던 그때에(Always There)
    지금처럼(Like Now)

    I wanna hold you(Full ver)

    바보(Unforgettable)(Full 本編ラスト)

    I’ll be there(アンコールラスト)


    I never let go、지금처럼、바보なんて
    一体どれほど聞いたかわからないぐらい。
    I wanna hold youは、サビが映えるのでライブ向きの曲です。

    ここでも、I never let goが流れてきて、まさか!!
    と思ったのですが、また聞くことができてしみじみとうれしかったです。
    ファン層の変化を感じたのは、正直、この編の昔のバラード曲の時で、
    やはり静かになってしまうのです。でも、みなさん良い曲だと思ったよう
    ですし、これを機会に聞いてもらえたら良いですよね。

    個人的に感慨深かったのは、アンコールラストで歌われた、3集の「I'll be there」。
    この曲は日本のアルバムや映画の挿入歌への扱いに関して、カシちゃんたちは
    当時酷く傷ついたと思うので、今回、公演最後の曲という選択は良かったと思います。

    当時を知るものとして、私も安堵しましたし、当時からのファンのカシオペアの
    みなさんも報われたのではないかと思います。本当に良かったと思った件でした。



    その3 ユ・ヨンジン先生の歌が聞けたこと!!

    꿈(Dreame)の後の映像のBGMが、ユ・ヨンジンさん作と思われる曲で、
    ヨンジン氏ご本人が歌っておりました!!!

    が、それは単にヨンジンさんが歌っていた、だけではないのです。


    꿈(Dreame)の後は、もう本編ラストのセクションなので

    Catch me
    B.U.T
    WHY?
    映像(イベント)
    바보(Unforgettable)(本編ラスト)

    と本編ラストの바보(Unforgettable)で終了。
    アンコールへと続くのです。

    が、この映像&ヨンジンさんの歌が流れるのは、Catch meの前なのですが、
    その最後を盛上げるに相応しい演出で、ものすごく感動しました。



    꿈(Dreame)が終わると、ヨンジン氏のナレーションが入ります。
    ちゃんと聴き取れなかったのですが、なんと日本語で「みんなの夢が」と
    いうフレーズが入っているのです。もちろんヨンジンさんのお声です。

    そして、

    Here we go
    TVXQ
    catch them
    U-KNOW

    You gotta go
    ChangMin Max

    とナレーションが入り、ユノとチャンミンのスタイリッシュな映像
    (ユノはバイク、チャンミンはスポーツカーで夜中の道を疾走)に
    合わせて、ユ・ヨンジンさんの曲が入るのです。

    わたしの語学力では大して聴き取れていませんが、
    それでもサビに何度も

    TVXQ make your dreams come true
    というフレーズが入っていて、

    愛を知らなくても、辛い時も幸せになるまで粘るんだ・・・
    みたいなことを。(大して解っていないので、雰囲気で)

    東方神起への応援歌みたいな感じなのだと思います。


    曲の終わりに、再びヨンジンさんの声でナレーションが。


    you MAX・・・UーKNOW
    your dream
    already have had

    TVXQ
    alls of done (all is done?)


    そして、Catch meのイントロが始まり次の曲へと続くのです。


    この感動、ユ・ヨンジン氏の愛がおわかり頂けますか!?
    (SMスタッフの愛とも、もちろん言えますが)


    多少意訳込ですが、(そして、そもそもちゃんとヒアリング
    できてるのか・・・甚だ疑問なのですが・・・)
    1~6集の過去の曲を本コンサートで披露してきた東方神起。
    けれども、二人になってからの活動曲のタイトル曲(Catch me、WHY?)
    はこの時点ではまだ披露していない。

    そこにヨンジン氏のナレーション

    さあ行くよ、
    夢は掴んでるだろ?
    君たちは、行かなくてはならない。


    で、ヨンジンさんの「TVXQ makes your dreams come true」
    と東方神起のテーマのような温かい応援歌が入り、
    最後に再びナレーションで二人の背中を押すわけです。


    チャンミン、ユノ
    君たちの夢
    既に持ってるだろ

    東方神起
    そこで成し遂げた全て・・・


    で、二人が東方神起として新たに活動を始めてからの集大成として、
    6集「Catch me」、日本のアルバム「TONE」のB.U.T、5集「WHY?」の
    新しいチャレンジ、東方神起の新しい姿を披露する・・・という流れなのです。


    もうこのセットリストと演出だけでで、感動です。
    この後にイベントもあったのですが、本ライブの素晴らしさって、
    ここに集約されているのですよ。

    ここに至るまで、過去の曲も含めて見せているというところが、まずポイントで、
    5声のハーモニーはないし、ダンサーさんたちを入れたって、ダンス曲だとやはり
    あの5人のフォーメーションのパーフェクトワールドも二度とはないのです。

    でも、昔とは違うけれど、その過去も含めて手放さずに携えて、不自由も苦労も
    あるけれど、東方神起であることを選び、その夢のために弛まずに努力をしている。
    二人体制で活動再開をして、過去とは違う東方神起の、その集大成を自信をもって
    これから見せるから、見て欲しい。

    っていうのが、この最後の「Catch me」への流れで、盛り上がりのポイントでは
    ないかと思うのです。少なくとも私的にはそうでした。

    とにかく、ヨンジンさんBGMの映像からCatch meの流れが素晴らしくて、
    本当に感動しました。

    二人もMentで、ファンへの感謝の気持ちを始終口にしていましたし、東方神起とスタッフと
    ファンで、東方神起はひとつなんだ、とか、コンサートは一緒に作るんだ、みたいなことを
    言っておりました。待っててくれてありがたくて、この気持ちはひとことじゃ到底言い表せない、
    とか、本当に色々いっていたのです。

    でも今回のセットリストだけでも、相当に感動的です。


    神セトリとか言われているみたいですが、昔の名曲をまたやってくれたってだけじゃ
    なくて、この一連の流れと構成。二人が新たに東方神起として立つまでの苦労も含めて、
    Catch meへのプレリュードとして、東方神起を昔から育てて支えて、見守ってきた人
    たちの愛があのTVXQ make your dreams come trueには溢れていました。

    是非、ライブDVD、CDが発売された折には、꿈(Dreame)の後、「Catch me」の前の
    映像とBGM、そしてナレーションに注目してみてくださいね。

    コチラ


    どなたも書いてくれないので、私が書いておく。(笑)
    色々細かいことはありますがネタ的なものは、他の人が書いているかと思うので。
    どうしても私が書かなくてはいけないのは、ユ・ヨンジンさんのことだけです!

    あと、セトリは17日と18日では、アンコールの部分で一部曲順が変わっていました。
    I don't knowもワンコーラス目がハングルで、2コーラス目が日本語でしたが、
    これもあまり書かれてないみたいなので、一応補足しておきます。

    コメント

    私も行ってきました~

    お久しぶりです。私も2日間行ってきましたよ~ ヨンジン先生の歌、なんかええこと言ってんな…くらいには思っていましたが、そういう構成だとは気付きませんでしたね。というか、いろいろ盛り込み過ぎてて、そういう大きな流れが埋もれちゃってたんじゃないかという気がします。

    あと、正直言って、ふたりになってからの“新しい東方神起”を象徴してるのって、どちらかというと“I Don't Know”とか“Getaway”といったジヌ作曲の曲のような気もしています…ちと言いにくいですが…

    はー、まったくわからなかった!

    あやんさん
    ソウルコンレビュー、というか解説、ありがとうございました。
    私も実は18日、ほとんど弾丸で観てきたのですが、あやんさんのお書きになっていることの半分も実感してませんでした。っていうか余裕なさすぎでしたので。
    とにかく初韓国コンサート参戦、しかもスタンディングということで言わば洗濯機の中の洗濯もの状態でしたので・・(笑)7
    ただ、新規ファンなりにコンサートが進むにつれて「これって東方神起のデビューから6集までの振り返り含む集大成を二人でやってるのかな」というくらいは思っていました。
    でも、あのDream後のバイクユノとスポーツカーチャンミンのムービーのBGMがヨンジン先生だったこと、二人へのオマージュのナレーションが入っていたことなどまったくわかりませんでした。
    ましてやその後のセトリと演出の意味の深さなどわかるはずもなく・・
    いや~ほんとに目から鱗、カオスを整理してくださいました!
    そしてあやんさんの愛する「”O”正・反・合」、よかったですね。私も今回昔の曲を二人でさらに果敢にトライしているのを見聞きし、やはり感動しました。「見事な紅葉は花を羨まない」という言葉がありますが、5人時代が花ならば、花ではないけど二人は燃えるような美しい紅葉、まったく別の東方神起を表現しようとしているように思いました。
    後半のバラードはさすがに知らない曲が多かったですが、私的にはどの曲もなんの違和感もなく耳に入ってきてくれました。使い古された言葉ですが、心がこもっている歌というのが、初めて聞いたとしても人の心を打ちますから。
    とにかく、あやんさんの記事でまたまた脳内整理できました。そして、やっぱり二人の東方神起を応援していくであろう自分を実感したのです。ありがとう、あやんさん。
    あ~なかなか足抜けできないっ!こまったな~(笑)

    Re: 私も行ってきました~

    typeTさま

    こんにちは。
    楽しかったですね、ソウルコン。
    日本人がほんっとに多くて、韓国でのアイドル寿命の件が脳裏に
    過ぎりましたが・・・。

    私も大してわかっているわけではないので、それこそ
    ヨンジンさん、なんかいいこといってるな、ぐらいです。
    もうちょっと真面目に勉強しとくんだったな、と毎回思います!


    > あと、正直言って、ふたりになってからの“新しい東方神起”を象徴してるのって、どちらかというと“I Don't Know”とか“Getaway”といったジヌ作曲の曲のような気もしています…ちと言いにくいですが…

    わたしも韓国で見て、意外にGetawayも格好いいじゃんー、と思いました!!
    ただあの曲は、5集「WHY?」の私の個人的な分類法的に言うと、ユノ曲なので
    二人の曲として成立していない・・・気がするんですよ。

    あと、I don't knowって先に日本のアルバムに入っていたり、曲そのものも
    すごくニュートラルだから別に東方神起じゃなくても、他のグループがやっても
    それなりにサマになりそうな気がしていて、彼らじゃなきゃ出来ないって点だと
    ちょっと弱くないかな・・・と思います。

    ただ、それは私がユ・ヨンジン信者だからそう思うのであって、もっと
    ニュートラルに音楽を聴いている方からすると、そうなのかもしれませんね。
    ちょっと私もリサーチしてみます!!

    Re: はー、まったくわからなかった!

    ロータスさま

    こんにちは。
    弾丸ソウルコン参加、お疲れさまでした。

    初参加でスタンディングだと、韓日の差があまりなくなってきたとはいえ、
    きっとソウルコンらしさを満喫なさったのではないかと思います。
    ネタばれなしの最初のコンサートだと、情報量が多すぎて「これ何?」状態
    なので、その気になれば何度でも行けてしまう日本のコンサートとはやはり
    勝手が違いますよね。

    わたしもあと5回ぐらい見れば、もう少しちゃんと把握できるのに!!
    と思って悔しがっています。(サヴァンだったらなあ、とか。)
    セットリストとかそこからの深読みは、私がそう感じただけで、違うかもしれません。
    その程度に把握してくださいね。

    ああいうことがあると、日本でもそうですが、一度はこういうコンサートを
    やらないと、そこを飛ばしては先へ進めないということなのでしょう。
    でも、今までやらなかった(機会がなかった)曲を次々に披露する姿に、
    二人の意志を感じました。

    これで一区切り・・・で、
    二人にはもう、過去のしがらみやプレッシャーにストレスを
    感じることなく、のびのびと活動してもらいたいです。

    が、どうなのでしょう・・・!?
    まずは後続曲の活動が始まるので、楽しみですね。

    ソウルコン!!!

    あやんさん、こんにちは。

    更新されていたのですね。うれしいです。
    そしてお勉強の合間を縫ってのソウルコン。
    はぁ~っ、羨ましいです。

    今回の記事で、あやんさんの見事なファンっぷりに感服。
    ヨンジンさんの歌が入っていたことに触れた記事はほかにもあったけれど
    ここまで深く構成のことを語ったものはなかったように思います。
    私もヨンジン信者だからより頷きが大きいのかもしれないけれど。

    実は私はちょっと「どうしてもっと5集・6集の曲をやらないんだ」って、
    思っていた口でした。
    けれど、あやんさんの記事を読んで納得。
    韓国における二人だからこそ、
    その正統性の主張と、これからもずっと二人でやっていくことの宣言のためにも、
    今回の4年ぶりのコンサートで
    「二人で五人時代の曲をやる」必要があったということなんでしょうね。

    それにしても菓子ちゃんが少なくて日本人が多いコンサート。
    東方神起の現状が見えてちょっと寂しいです。
    もちろん、韓国で全然儲からない音源を売るより、収益性の高い日本活動に重点をおく事
    は当然とはいえ、二人も寂しいだろうな。
    音盤買ってたのも海外ファンだろうし。
    チャンミンも期待より成果が上がらなかったと正確に分析していますね。

    そして、頼みの綱の日本でも紅白落選…と、日韓関係の悪化を受けての逆風。
    なんだか二人にはいつも逆境が付きまとうようですね。

    私は二人が命を削っていいものを届けようと頑張っている限り、
    二人の本気が見える限り応援し続けたいと思ってます
    (チャンミン言ってましたね、「仕事が仕事としか考えられなくなったらどうしよう」って)。

    なんと16年ぶりの海外なのですが、1月に香港で初めての「トンバンシンギ」を見てきます。

    もちろんあやんさんのペースでけっこうですが、レビューも楽しみにしています。
    それではまた。お勉強もがんばってください。

    Re: ソウルコン!!!

    kakinotane さま

    半年以上も放置しての亀レス。
    申し訳ありません!!

    レビューはすみません・・・諦めました。
    「Time」に関してはすこーし感想書きましたので
    もしよろしかったらご覧くださいね。

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ancientoath.blog105.fc2.com/tb.php/583-bb1929f3

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。