スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2013年 ファンミーティング 24日 2部 

    エントリー時には、行けるかどうかわからず
    ええーーい!!

    と、半ば無理矢理申し込んでいたのですが、
    なんとか無事に行くことができました。



    アリーナって狭くていいわね、
    っていうのが久しぶりの感想っていうのも、
    どうかと思いますが・・・・。


    以下、覚書き。(ネタばれあり)
    ファンミは、比較的席が良いことが多いのですが、
    あくまでも「比較的」(笑)。

    200レベル(?)のA列で、アリーナ席とスタンドを隔てた
    1列目なのに、ファンミではユノもチャンミンも目の前を
    通ってくれない席ですが、ライブ的には音のズレもなく、
    比較的近くて見やすくて堪能してきました。


    暫く日本を離れていると、ユノの日本語がわかりやすいぐらい
    ぽやぽやになって、久しぶりな感じだわ!
    と思っていましたが、最初声が少し変じゃありませんでした?

    寝起きの声みたいな、風邪気味みたいな声。
    別に具合が悪そうでもなかったし、ライブでも声は出てたので、
    なんだったのかが気になりました。


    ファンミの内容は、割愛しますが、
    最初っから戦意喪失して、慰められても「よけいに落ち込む」とか
    拗ねてるチャンミンなんて、幾久しく拝見していなかったわ!!!

    と、わたし的にはもうそれだけで、ぐっじょぶ!!!
    と思った次第です。


    鹿のぬいぐるみ(「鹿のコスプレをした犬」by チャンミン)を
    抱えたチャンミンのとアンパンマンのリュックを背負ってクリスマスの
    ハットを被ったユノの二人の殺人的な可愛らしさときたら!!!

    チャンミンの「どうせさー」みたいな、若干やさぐれ気味のいたいけさ
    とユノの天真爛漫さが、全く相反していて、

    「殺人的な可愛さ」の奥深さについて、
    考察せずにはいられません!!!!

    そして、ユノのHOっとキッチンは、もうあれは最高ですね。
    バターをうっかり焦がしてしまい、それでも

    「ちょっと茶色い方が・・・」
    「ユノシェフだから!!!」
    「ちょっとキャラメルの方が・・・」
    「信じてください!」


    と、一生懸命訴えて他の作業をやっているのに、
    スタッフがこっそり現れて、サクッとフライパン(とバター)を
    交換していってしまうとか、卵を片手で割った時の自慢げな顔とか、
    本当に、魅力の塊でした。


    内容は割愛とかいっておいて、これだけ語れてしまうって・・・。


    ***

    ファンミはさいたまアリーナを「アリーナモード」で使用していました。
    今年のツアーでは、たまアリ使用でもスタジアムモードだったので、
    アリーナって狭くて良いわ!!!

    と、会場に入ってまず思ったのですが、今年はドームとかスタジアムで
    ばかり見ていたので、明らかに基準が変になってしまっています。



    東方神起はドーム、日産スタジアムを経て来ただけあって、
    アリーナクラスのステージだと、全てにおいて余裕がありすぎて、
    「貫禄」っていうのはこういうことか・・・と。

    存在感やオーラがひと際大きく、パフォーマンスも音もクリアでした。
    音もクリア、というのは音響も良く尚且つ二人の声量も充分すぎるほどで、
    本当に何をやっても、良い悪いというよりは「余裕があって安定している」
    としか言いようがないのです。

    「B.U.T」に関しては、わたしの参加した回が収録されているという
    話もあるので、もしそうなら、後日ちょっと確認したい点もありますが、
    何はともあれ、来年のアリーナツアーが本当に楽しみになりました。


    そして、其々のソロ曲は選曲が意外でちょっと意外で驚きました。
    ユノのバラード曲が捻りもなくどストレートにバラードなので、
    だ、大丈夫かしら・・・と一発で保護者モードに入ったものの、
    なんのことはない、とても良くって「ハラハラしながら」聴いていた
    時があったんだなあ・・・となんだか色々と思いだしてしまいました。


    不断に努力を続けてきた人の誠実さが、ユノのバラードには
    現われていると思いました。


    そして、
    前回、SMTOWNで遂にチャンミンが開眼した!!!!!
    と大絶賛、狂喜乱舞しておりましたが、
    あの日がスペシャルに素晴らしかった・・・ということが判明。


    精神状態がパフォーマンスに如何に影響を与えるのか、
    前回のSMTと今回のファンミで実証されたように思います。
    (SMTは仲良しのギュヒョンと一緒でテンションが上がって、
    今回は負け続けて、テンションダダ下がり・・・という)


    でもまあ、今回はファンミなので!!
    わたし的には充分に堪能したファンミでした。

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ancientoath.blog105.fc2.com/tb.php/597-3b05b6a2

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。