スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    壊れ過ぎ≠制御不能 

    ツアー中、あまりにも記事を更新しなかったら
    どこから!
    何を!

    書き始めればいいのか、わからなくなってしまったので、
    まずは、ツアー中のちょっとした雑感などから
    始めてみようかと思います。


    (追記あり)
    北海道の公演後、帰りのシャトルバスの中で
    半分くらい本気でご立腹なご婦人がいました。

    50代後半くらいのマダーム方のグループのおひとりなのですが、
    ユノペンさんのようで腹を立てている相手は、なんとユノなのです!!

    「それにしても、最近本当に壊れすぎなのよ!!
    皆を喜ばせたいって思ってやっているのはわかるけど、
    良い男なんだから、あそこまでやらなくたっていいのに!!!」

    と、Good bye for Nowでの各種パフォーマンスなど諸々をさして
    ご友人に語ってらしたのですが、目が笑ってないの。
    半分くらい本気で怒ってた。


    その方にとっての、理想のユノ像は正統派なスタイルだから、
    あそこまでだと受入れ難いってことなんだろうな・・・・・・というのは、
    容易に想像がつくので、微笑ましく聞いていました。

    まあ、話してみるとあの時のあのヘアスタイルが好き、とか
    あの時のあのボディスタイルがたまらん。。。とか、
    今だにわたしだって白熱して語れますから、
    「わたしは全然OKだけど・・・お気持ちお察しします・・・」なのですが、

    けれど、ひとつだけ、ちょっと違うかな・・・?
    と思ったのは「壊れ過ぎ」という部分。


    壊れ過ぎ  =  「やりすぎ」

    とするなら、そう思う方もいるのね・・・なのですが、

    壊れ過ぎ  =  「壊れている」 = 「制御不能」(コントロールできない)


    という意味で言っているなら、それは全くもって違います。
    だって、ユノは意図してるでしょ?
    やろうと思って、やってるでしょ?

    そのご婦人がお友達に語っていたみたいに、「皆を喜ばせようと思って」。


    今年のツアーを東京ドームが初見の友人(でもファン歴は古いのです)が見て、
    やっぱり最初の印象が「二人ともドヤドヤしちゃってどうしたの?」、
    「ユノ壊れ過ぎ」でした(笑)

    でもチャンミンペンの友人が言うには、
    「昔のユノより今の方がずっと好き」
    「昔はただのイケメンって感じで、気障な感じが強かったけど、こういう風にふり幅が
    広い方が、気障なことをやっても嫌味じゃなくてずっと好き。」
    と言ってました。
    (解説すると、昔は5人いたし役割分担もあったので、ギャグをやったとしても、
    今ほどどっぷりやっていないし、今よりも格好よく決めるだけ決める印象が強かった
    かもね・・・ということを踏まえての上記感想なのです)


    長年見ている人にも、
    あれはやり過ぎ!だと思っているユノペンにすら、
    ちゃんと観客に意図や効果が伝わるパフォーマンスを繰り広げている、
    という点が今年のツアーを見ていて、特にユノから伝わってくる点です。

    Easy MindとかGood bye for Nowみたいに、ネタ的な要素を盛り込む
    パフォーマンスだけではなくて、ダンスパフォーマンスで振付がされて
    いない余白部分をどれだけ埋められるか、みたいなことになっていて、
    ユノひとり、どんだけオプションつけてるの!?
    ・・・・・・と思いながら、見ている日もありました。


    さて、ユノの振り切り具合が凄いので、他に言いようがなくて
    つい「壊れ過ぎ」などと言ってしまうのですけれど、本当の意味で「壊れた」
    (コントロールできない)ユノは、これだけファン歴が長くなっても見たことが
    ないなあ・・・と思います。

    ひとつだけ言えば、あれかな?
    私は直接は見ていないのですけれど、2007年ソウルのアンコールコン(2nd)で、
    コンサート前日にユノが足を怪我しちゃった時のステージ。
    ダンスパフォーマンスは当然踊ることができなくて、歌だけの参加だったのに、
    アンコールになった時に踊りだしてしまって、あわてたメンバーが羽交い絞めを
    して止めようとしたのに、それでも静止を振り切ってユノが踊ろうとした時。

    あれは、本当に辛かった。 

    コントロールできない、ってそれくらい重い出来事とセットじゃないと
    あんなプロフェッショナルな人は、そんな簡単には見せてくれないのでは
    ないんじゃないかな・・・という気がします。


    そんなプロフェッショナルなユノの意思、をどこに見たのか、何に感じたのか・・・を、
    大阪オーラス前に書きたいと思っています。(書けるかな?)


    追記

    関連記事
    071026 
    20071029 せつない

    記事中の動画が見れないので、新たに探してみました。

    アンコールコン 4人でのダンス曲
    こちら とか こちら

    Fancame yunnho Hug &Talk
    この動画の1分すぎぐらいから

    流石に古すぎて、チャンミンが止めにはいってるのとか、
    静止するメンバーを振り払って踊ろうとするのは見つけられませんでしたが、
    ご参考までに。

    コメント

    viva!記事更新!

    あやんさん
    なにげにblogをチェックしたら更新が!楽しく読ませていただきました。
    マダムもそうですが、ひとそれぞれ、望むユノ像と言うのがあるようですね。たからおもしろいんでしょうが。
    2007年のことは私は知りませんでした。そんなことがあったのですね!若かりし日のユノのちょっと胸の痛むエピソード、教えて下さってありがとうございました。
    京セラオーラス前の記事、楽しみにしてます。
    もちろん私も週末は大阪の人です!

    コントロール

    そ、そういう方もらっしゃるのね・・・と思わず及び腰になってしまいましたが。私もユノはかなり自分の意思で制御しながらやっていると思います。コントロール能力の達人のようなユノではありませんか。余談のうえに、私事で申し訳ないのですが、最近ヨガに夢中なのですが、改めてユノのダンスの美しさに開眼しました!!昔、某雑誌で「指先まで愛の陰謀」と評されたユノですが、彼はかなりコアマッスルも鍛えぬいてるんでしょうね。すごく魅せる動きをしながら、無理や無駄が一切ないのは、体の軸のコントロールの賜物なんだと思います。まぁいまさらユノのダンスがすごいとか、私は一体何年ペンやってるんだろうかと反省しきりですが・・・京セラでたっぷりと堪能しようと思います★ オーラス、参加されるのですか?私も準備万端での思うと思います★お時間よろしければ、ご挨拶に伺いたいのですが・・・

    Re: viva!記事更新!

    ロータスさま

    流石にツアーを終わる前に書かないと、もう書けないような気がしてきたので、
    少しは何かを書きたいと思います。


    当時の情報を簡単にですが追記しました。
    チャンミンが止めに入っている画像はあるんですけど、
    その動画がどうしても見つからず・・・、残念。

    Re: コントロール

    ちひろさま

    いきなり脱線して恐縮ですが、

    >昔、某雑誌で「指先まで愛の陰謀」と評されたユノ

    すごいキャッチコピー!!!
    だけど、その記事読んでみたい!!!!

    と思って速攻検索して読んできました(笑)
    (そして、内容はキャッチコピーと全然関係ない)

    HANAKO WESTですか!
    この時期の雑誌は、ほぼ全てチェックしているのですが、
    関西版だったから購入には至らなかった分でした。


    脱線してすみません。

    ユノの体幹の素晴らしさは、異なるジャンルの方もすぐわかるらしいですね。
    友人からその昔、「日本舞踊の先生が、ユノのことをあの体幹が強い子」
    ってテレビを見て印象に残ったみたいで言ってた・・・と聞かされたことが!


    大阪は週末行く予定です。
    以前お伺いしているご連絡先に、連絡させて頂きますが、
    もし変わっているようでしたらコメント欄に鍵をかけて
    お知らせくださいね。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: オーラスを前に。

    鍵コメ K・・さま

    コメントありがとうございます^^
    広島!!!

    行きたかったのですが、福岡を取りました(笑)
    今年はチケット手配の段階で、スケジュールが読めなかった
    のでP席もエントリーできず。。。

    広島も長年評判の高い公演地ですよね。
    ご覧になれて羨ましいです。

    改めてご連絡させて頂きますので、
    宜しくお願いします☆

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ancientoath.blog105.fc2.com/tb.php/611-a8446f27

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。