スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    東方神起 LIVE TOUR 2014 ~TREE~   スケッチ 1 

    ツアー中に見た中で、
    印象に残っていることなどを。
    4/22 横浜初日
    わたしの初日評はいつも辛い・・・そうですが、
    それにしても、ユノがかなり動きをセーブしていて驚きました。

    でも、ユノのあまりにも端正な美青年っぷり&チャンミンのワイルドさの
    対比の美しさ、華麗さに、くらくらしました。
    (翌日、チャンミンは髪を切ったので初日限定の鮮やかなコントラスト!)


    4/24 横浜
    アンコールのMiss youで、つんざくような歓声の中ファンの間を縫って
    歩くユノとチャンミン。
    ファンから手を伸ばされても、身体を触られても一向に気にする様子をみせず、
    鷹揚に歩いていくユノの姿に、この人は天性のアイドルなんだわ・・・と妙に感心。

    気にする様子を見せない、
    どころか「身体が全く逃げない」んですから。


    私はこういう時に、厚かましく触ろうとする行為を死ぬほど嫌っているので、
    ユノの半分のスピードでセンターステージの先に到着してしまったチャンミンに、
    むしろ共感してしまうのですが、ユノのようにこういう全ての人や、全ての事を
    オッケーって受け入れてくれると錯覚させてしまう器の大きさが、アーティストや
    歌手としてはどうだかわかりませんけれど「アイドル」の資質としては
    欠かせないんだろうな・・・・・・と今更ながらに感じたシーンでした。
    (チャンミンの名誉の為に言うと、警備の方の先導のスピードの問題もあったかと。
    そして、これ以降のステージでは同じタイミングで到着するように改善されています)

    しかーし、この日、友人との会議で本ツアーに関して、
    各種議題が審議されたのは言うまでもありません。


    4/30 名古屋
    チャンミン、ユノを羽交い絞め(首のところ)にした瞬間♪
    ユノがバンドメンバーと一緒に、あたかも自分もバンドメンバーかのように
    挨拶をしようとしたところをチャンミンに見つかって、荒っぽいスキンシップで、
    後ろの列に戻されたのでした。

    ツアー中、バンドメンバーの挨拶に絡むユノに対応するチャンミンには、
    色んなバリエーションがありましたけど、これはこの日だけのサプライズ!
    (ファンのあまりの歓声に、チャンミンが二度とやるまい、と思っただろうことは
    想像に難くありません。。。)

    名古屋最終日のせいか、ユノとチャンミンの気合が半端なく、
    横浜では殆ど見られなかった「余計なこと」がパフォーマンスに復活。
    ユノの気迫の凄さと言えば、STLが終わったあと、両手を膝の上について体を
    屈めてかなり長い間(アンコールラストの曲のイントロが流れて、チャンミンが
    話している間)はあはあと息を切らしていて、かなり苦しそうにしていました。

    日産スタジアムですら、そんな姿は見せていないので、対ユノ比ではかなりの
    レアな姿を拝見したのですが、そこに至るまでの渾身のパフォーマンスを見て
    いると容易に納得できる凄さ。

    5/7  北海道
    「愛の街札幌―」を何故か連呼するユノ。
    (韓国ドラマのロケ地のイメージなのでしょう)

    「味噌ラーメン1日に4杯も食べられる・・・・
    実際に食べたんですけれど、札幌が大好きです」
    と、食べ物で札幌への愛を語るチャンミン。

    足はもう完璧、といいつつ何故か95%と語るユノ。

    「俺はランボーだ!!!」
    とチャンミンがやると、銃の音がズダダダダダッと連発される効果音が。
    ユノがその音に合わせて撃たれた振りを。
    2回もやった挙句に
    「あー、オレこの音大好き」と言って座っていた円形のセンターステージに、
    そのまま後ろに倒れて寝転ぶチャンミン。


    5/8  北海道
    ユノの夢シリーズが本日をもって終了することが通告されるも、
    「正直、ネタも落ちちゃったし」との自己評価&理由に大笑い。
    次回から、ユノの韓国語講座の開催が宣言され
    「期待しても良さそうだ!!」と懐かしいネタが披露。

    miss youで8年前の曲・・・というところから
    「8年前は僕も結構イケてたのに」と言い、「今はどうなんですか?」と
    答え難いことをチャンミンに聞かれるも余裕綽々のユノ。
    「今は・・・どうかな?」と妙に勿体をつけて流し目を客席へ!!

    ファンから様々に声が掛かり、
    「皆さん、どうですかーーー?」と聞いておりました。(笑)

    その様子を見て、良くやるよ・・・といった感じで
    「わかっている癖に」とボソリと言うチャンミン。

    ユノは「(チャンミンも)一緒だから」とサラリと交わしてました。


    最後の挨拶で、「札幌は大好きです」と言おうとして、何故か
    「美味しい」と言ってしまうチャンミン。(笑)


    5/11  新潟
    テンションがおかしくて、話がかみ合わない二人。
    子供が興奮したときにてんでバラバラに勝手に話をしている、
    あんな感じでした。
    かなりの傑作MCでしたが、この面白さをどう伝えたらよいものやら。
    (文字に起こすと、大して面白くないという。。。)

    けれど、これは傑作。

    C:ツアーの前に怪我したんじゃないですか?
    Y:怪我したの?僕が?
      (と、すっとぼけるユノ)
      怪我したと思います。
    C:思ってるか?
      今まで、人生で一度も怪我したことのない人みたいに、
      ものすごく、がっつり踊ってたけど。
    Y:がっつりでは踊ってないかもしれないけど
    C:じゃあ、適当か?
    Y:一生懸命踊っているんだけど・・・
    C:じゃあ、がっつりだね
    Y:皆さんが応援してくれたので、早く良くなりました。
      これ以上の応援をしてくれると、「かんべん」治るかもしれない
    C:完全・・・。
      勘弁してください。
      大丈夫ですか?
    Y:大丈夫じゃないよ!!!
     実は僕、風邪ひいちゃって薬を飲んでテンションがおかしくなっちゃって・・・・
    C:おめでとうございます
    Y:皆さん、本当に健康は大事だから!!!
      最近感じたことですけど。
    C:最近か!
    Y:今更ですけど
    C:今更か!!

    とか。
    Wedding Dressからダンサーの50さんの新婚ネタで
    チャンミンが暴走しまくり、さすがに50をいじりすぎたと思ったのか
    最後に「ごめんね50!!俺が悪かった」と謝ってたけど、
    でもその前に「大丈夫、僕の結婚生活じゃないし!!」と。

    チャンミンの暴走の仕方が凄まじくて、
    ユノが話しているのに、完全スルー。
    たまらずユノが
    「ちゃんと聞いてよ!!
     うらやましい、うらやましいって2回も言ったよ!!!」
    と訴えてるのが、腐女子じゃなくても妙に美味しいと思ってしまったり。(笑)

    しかし、この日のアフターライブで
    WHY?とB.U.Tについて、私がまだ満足していない件と、衣装問題について
    議題にかけたのでした。


    5/12  新潟
    ユノ、まさかの新潟を名古屋といい間違え事件!!
    そして、全力でフォローするチャンミン。

    ダンサーさんリアルカップル話から、ユノがうらやましいと
    言った流れから

    C:憧れているんですか?結婚に?
    Y:まあ、いつかはね。
    ファン:いやーーーー。
    C:この人にも、この人の人生があるから。
      皆さんのものじゃねーっすよ。
    Y:今はやることが山ほどあるから、興味がない。
    C:やることが少なくなったら、結婚するんですか?
    Y:・・・・・・今日、結構くるよねえ。突っ込み、止めてくれませんか。
      僕はまだ、結婚はまじめに考えていないから、後でね。
    C:結婚をまじめに考えていない人っているんですかね?

    と、チャンミンが冴え渡っておりました。(笑)


    けれど、私が一番素敵ーーと思ったのは
    ユノの韓国語講座で、「恩にきる」「恩を返す」をやった後に、
    皆さんが応援してくれるから、さっき僕も一生懸命踊りました。
    恩着せがましく言うことじゃないけどね。

    と、「恩着せがましい」という日本語が飛び出して、
    会場がほーっと感心すると
    「ここで拍手があったらいいのにね。」
    と、あのほわんとした優しい口調でユノが言ったとき。

    当然、みんな拍手です。
    「ここで拍手があったらいいのにね」っていう言い方に、ユノの人柄が
    現れていて、すごく良い言い方だわ・・・と、個人的にかなり心に響いた
    一幕でした。

    同じく、リプターダウンのところで、チャンミンが土下座・・・というか、
    両膝をついて「みなさん協力してください」とお願いしたら、
    なんと1回でクリアー。

    無邪気に「土下座の効果だ」と喜んでいるチャンミンに、
    ユノがとても困った顔をして
    「そういうのは、あまりやらない方がいいよ」
    と、優しくたしなめていましたが、こういうところに
    性格の違いがでますよね。


    さて、この日びっくりしたのは、前日あれだけ暑苦しく語っていた
    ダンス曲問題・・・が、すっかり解決されていたこと。
    (衣装に関しては、ドームまで引きずりますが)

    わたしのような素人が気になるぐらいなので、当然といえば当然なのですが、
    本ツアーの修正やブラッシュアップのされ方の早さにびっくり。
    バラード問題とか色々、仲間内で話していたことが、この間のあれ直ってたね!?
    みたいな会話を交わすことが、今までのツアーと比べても格段に多いのです。


    挙げていくときりがありませんが、ひとまず新潟まで。

    コメント

    衣装について

    京セラ初日、行ってまいりました★ 衣装について問題提起されていますが、もしかしてこれかなーと思いまして。記憶がすでに曖昧で申し訳ないのですが、WHY、もしくはB.U.Tの時の衣装でなんか割と分厚いボレロ的な衣装(甲冑にみえなくもない)をお召しなられているのですが。あれ、踊りにくくないのかなーと思ってしまいました。見てるほうは、動きが見ずらいので・・・特にユノ!!もっとひらひらいしているかせめて腕周りは無駄な装飾のないものにしてほしかったなぁと思いました。実はものすごいプレミアム感満載の席でして・・・たぶん、普段では気づかないようなところまでみっちり見たが故の欲なのかもしれませんが、いえ、全然違いまして、でしたらごめんなさい!!週末お会いできたらまたお話しさせてください★

    Re: 衣装について

    ちひろさま

    京セラ初日、お疲れさまでした^^
    お席に運があってよかったですね。

    あの黒い衣装、「Brereding Poisn」「信じるまま」「B.U.T」
    の流れのところですよね。
    他の曲はともかく、「B.U.T」で足腰が見えない衣装なのは、
    ちょっと残念な気がしています。
    ただ、曲構成的な問題で、B.U.Tがこの位地に入っていると思うので、
    今回は仕方がないのかな・・・?
    と、こちらの方は思ってます。


    ただ、スケッチ2(東京ドーム)の記事でも書いたのですけれど、
    Suri SuriとSomethingの衣装のジャケット丈が短いのが、
    ずっと気になってました。
    ユノはシャツの上に直接ジャケットなので、腕を上げるとジャケット
    の裾が持ち上がって、パンツのウエストから中途半端に白いシャツ
    がのぞいて、かなり間抜けな絵になってしまうのです。

    ドームからユノにカマーバンドがプラスされて、問題解決!!
    だけど、あれを1ヵ月近く放っておける感性もどうかと・・・
    本当に拙いと思わなかったのかしら?(久々に辛口、失礼)

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ancientoath.blog105.fc2.com/tb.php/612-c261745f

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。