FC2ブログ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    東方神起 LIVE TOUR 2014 ~TREE~   スケッチ 2 

    東京ドーム4daysで、特に印象に残ったことなど。
    (福岡は、別記事にしようかな・・・と思ってます)





    「Something」の衣装の件、わたしの大いなる勘違いがあり訂正しました。
    申し訳ありません。
    ドームVer
     Disvelocityの演出変更(映像に合わせて踊るのがなくなった)
     We are 追加
     MCで、リプターダウンが無くなった
         さんまさんプロデュースの自己紹介(ユノ@ピンクレディのUFO、チャンミン@長崎ちゃんぽん)
         黒コーチの「はいせいかーーい。」@長瀬
     トロッコ、タケノコ

    *衣装
    Suri SuriとSomethingのユノの衣装にカマーバンド追加。
    この衣装のジャケット丈が短いのですが、両手を上げるダンスやポーズが
    多いので、今まではシャツ丸出しになるのがほんっと、よろしくありませんでした。
    チャンミンは最初からベスト着用だから、大丈夫だったのですが・・・・。

    この美しいステージの、唯一の汚点!!!
    ぐらいに思っていたので本当に修正して頂いて(DVD収録に間に合って)良かった!!!


    これ、わたしの勘違いで、手元のメモによりますと
    福岡からユノの衣装にカマーバンド追加されたようです。

    しゅ、収録に間に合ってなかった。。。軽くショック。


    訂正:先日北海道5/7付のファンカムを偶然目にしたところ、
    ユノがカマーバンドをしていました。。。
    これは完全なるわたしの勘違いだったようです。
    申し訳ありません。


    6/20  東京ドーム
    ■SPECIAL PLACE
    ドームライブは何度もやっている二人なのに、
    「どうしてもやりたかったですね。」
    「まだ半分残っているのに、興奮しちゃって眠れなかったですね。」
    「緊張じゃなくって、ドキドキ、わくわく。」
    と語るチャンミン。
    ユノも同じく4時間しか眠れなかった・・・と聞いて、改めて二人にとって
    東京ドームが如何にスペシャルな場所なのか気付かされました。

    ■役割分担
    アンコール(Miss you)あとのMCで、の「かわいい」対応

    Y:そうそう俺格好良いんだよ!
      かわいいって言われてるんだけど、
      格好良いんだよ!!!
      (少し、キレ気味に)
    ファン:かわいいー!!!
    C:東方神起、自信満々です。

    というのも、言ってる内容は同じなのに、ユノのいつもの
    ファンからのかわいいーに対するリアクション
    「可愛いじゃないからねっ。俺はかっこいいからねっ。」
    と狙って言ってるのと(笑)違ってて。

    その後まだ少しMCは続くのですが、
    (もっと男のファンが俺は欲しい!!byユノ、とか。)
    新曲のSweatの前にチャンミンがユノのインカムに手を伸ばすと、
    客席が「キャーーー!!!」と大興奮。
    きょとんとするユノにチャンミンが
    「忘れるんじゃないかと思って、生意気にも触っちゃいました」
    と言うのですけれど、確かに、この時のMCの流れとかユノの
    話しっぷり(ちょっと興奮してた)とか話題の脈絡のなさとか考えると、
    チャンミンが「ユノがインカムセットするの忘れるかも」と思った
    としても不思議はない・・・と。

    それにしても、ほんとチャンミン良く見てるなあ・・・。
    その時々で、役割分担がくるくる変わって、フォローしてるんだなと。
    今更ですが。(チャンミンに、今更かいっと突っ込まれるー)

    ■驚いたことといえば・・・
    アリーナとは会場規模が違うので、当然、花道も長くなっていますが、
    メインステージのワイドが、ステージサイド直前に届くくらい長くなっていてびっくり。
    過去の東京ドームのステージと比較しても、最大のステージ幅!!!

    STLの曲終わりで、ユノとチャンミンがそれぞれ分担して、会場を走り回って
    客席を煽りますが横浜で最初に見たときには、メインステージ担当で、両サイド
    を走るチャンミンより、足を怪我してるユノの方が花道&Y字先両ステージ担当で
    どう考えても走らされてる!!!!(笑)

    のはいいのか!?
    と思っていたのですけれど。
    ドームでは形勢逆転。チャンミンの走行距離が途端に長く!!!!
    ふらっふらになりながら走っているチャンミンを見て、
    両サイドを担当するのも、全然楽なことではないのだと心から同情。

    そして、私のように短絡的に怪我してるんだから走行距離は短い方が・・・、
    なんて考えずに、クオリティを作る為にはユノの求心力が必要、という判断を
    ツアー前に行ったであろうSAMさんに改めて敬服。

    6/21  東京ドーム
    ふと機材席を見ると、SAMさんがいたのですが、「ラストまでいて」びっくり。
    それこそ、最後の挨拶まで、花道を歩いている時とかまでいますから。
    その昔(5人時代)は、オーラスでステージに呼ばれる時は別として、
    本編終わりまでしかいなくて、Encoleの時には既に姿を消してたので。
    (これ以降、ちょっと気を付けてみていたのですが、収録日じゃなくても
    来てる日は最後までいるようですね)

    ■永遠
    収録日&Event day
    Goodbye for NowでFOREVER TOHOSHINKIの文字が
    グリーンで浮かび上がりました。

    こういう時、相変わらずこういうアドリブには弱い二人・・・と
    微笑ましく思うのですが、イントロとか歌の合間に「みんな、ありがとー!」
    とか、言えないんですよね昔っから。

    ■挨拶&永遠
    ユノの挨拶
    最初は、恰好良いダンスや良い歌を聞かせようと強く思っていたけれど、
    今はそういうのも過ぎて、皆が好きになって、みんなが好きだから歌います。
    (「ビギストありがとな」、もどこかで言ってました)

    チャンミンの挨拶
    イベントありがとうございます。
    永遠ってなんだろうって考えていたんですけれど
    (恐らく、客席のFOREVERを見つめながら)
    人によって意味は違うかもしれないけれど、
    息をする限り、東方神起っていう木を守っていきたいと思います。


    今年のツアーは挨拶がとても良いのですけれど、
    この日のチャンミンの挨拶は、イベントDayだけの1日限りの
    ものだったので記しておきたいと思います。

    けれど、わたしはこの日のチャンミンの挨拶を聞いて、
    「永遠」なんて言葉でチャンミンや二人を縛りたくないな、
    と心の底から思いました。

    チャンミンは永遠を「息をする限り」と表現してくれて、その気持ちは
    嬉しいという以上にとても有り難かったのですが、だからこそ。

    6/23  東京ドーム
    ■ファンの「かわいいー」という声援への対応
    MCでタイトルの意味の話の後。
    Y:かわいいじゃないからねっ
    C:一々反応するなっ
    とユノを一喝。
    Y:一々反応しないからねっ
    ファン、チャンミンにも歓声をあげるが
    C:みなさん。僕はいいですよ。五月蝿いから。

    ・・・・と一刀両断。
    MCは進み、大きな木、ユノの韓国語講座・・・と続きます。
    韓国語講座で、はじめましてをみんなにやってもらう時に

    Y:ちゃんとやってくださいよ。
    どこからか、かわいいーと声が掛かり
    Y:みんな、かわいいじゃないからね。

    と、ナチュラルに返したあと、はっとした様子で
    Y:これ以上やると、あとでチャンミンに怒られるからね。

    と言っていたのが!!!!
    ライブに行ったみなさんはご存知と思いますが、この間
    大きな木~韓国語講座、への間はかなり長いのです。
    チャンミンの一喝が、そこまでの影響力をもっていたとは!(笑)

    ■ツンデレチャンミン
    C:次の曲のためにお先に失礼します
    と言ったものの
    C:最近ちょっと寂しくなってきました。
      準備のためにステージを離れても最近は、「えーっ」もなくて、
      みんなが普通に手を振るから・・・・(とかなんとか)
    Y:みんな行かないでーって手を振っているんだよ

    ファン:行かないでー(手を振る)
    C:すごく魂のない声ですね。
      それじゃ、お先に失礼します。
    ファン:行かないでーー!!!(さっきより、本気な感じ)

    C:はっ!!!
    と鼻で笑いながらチャンミン退場。

    ■さんまさんまさかの大否定(笑)
    長崎ちゃんみんのネタから、チャンミン、さんまさんをまさかの
    大否定。(笑)
    ユノが徹頭徹尾、ネタとは関係ないことまで持ち出して
    フォローしながら「上手くまとめないとね」って言っていたのが、
    昔の韓国活動でのユノ@リーダーを彷彿とさせられました。

    とんでもないことを自ら言って、「どうまとめるのか?」と
    ハラハラさせられたり、メンバーの奔放な発言を今みたいに
    上手くまとめないと・・・って発言したり。

    歴史は繰り返す?
    経験値は、血肉となってる?(笑)

    ■遠いーーっ
    STLで最後の会場中を走って盛り上げるところで、
    ヘロヘロになって走りながら

    「遠いーーーっ!!!」
    と心の声モロだしで叫んでいて、上手に到着直前で倒れてました。

    一方のユノはセンターステージから花道を引き上げるときに、
    段差で後ろ向きに倒れこむと、さすがに直ぐには立ち上がれず
    寝転んだまましばらく煽ってて、その後すぐに段差のところに
    起き上がって座り込んだまま、もっと!!もっと!!!
    と腕をぐるんぐるん、ぶんまわしてました。

    倒れこむユノなんて、レアなものを目撃してしまったけれど、
    ユノもチャンミンも、この時はもう限界を超えてるんだろうな・・・と。

    ■プレッシャー
    ユノの挨拶
    (前略)
    今日のツアーを準備しながら、色々心配がありました。
    東方神起は東方神起を乗り越えないといけないという
    プレッシャーが正直あったんですけど、

    かっこいい演出も大切だけど、みなさんのことを思って
    心をこめて歌ったら、それが重要じゃないかな。
    かっこいいステージも重要ですが、
    人間として成長していきたいと思います。


    6/24 東京ドーム
    24日は、面白すぎてやばかった。(笑)
    そしてこの日はネタの宝庫。面白すぎました。

    ■チャンミン倫理委員会
    C:みなさんお掛けになりつつ、リプターも下げてください。
    ファン:ユノー!!!チャンミーーン!!!(キャー)
    C:チャンミン、ユノ、いらないです。
    (ナチュラルに言ったのちに、はっとして)
    C:失礼しました

    いつもと変わらぬバッサリ具合ですが、チャンミン倫理委員会的には
    この自らの発言はNGだった模様です。

    当たり前ですが、5万人の前で毒舌を披露するのも楽じゃないですよね。。。

    ■自己紹介
    ユノが先にUFO@ピンクレディの自己紹介をやって大受け。
    今日はなんと、バンドのメロディ付きでチャンミンも、
    「いつの間に用意したの?」とびっくり。

    C:やらなきゃいけないですか?
      本当にやりたくないのに・・・・。
    と、自己紹介をやりたくないと、かなりごねる。

    C:みなさーーーん、こんにちは。(自信無さ気に)
      長崎チャンミンでーす。(ちょっとかわいこぶる。)

    ユノはお腹に手を回し、仰向けにのけぞって大笑い。
    かなりのオーバーアクション。

    C:バカにされている気がするから止めてください。

    中略(さんまのまんまで、教えてもらった経緯を説明)

    Y:でも、これ凄いっちゃすごいよ。
      もっと自信感を持ってやってみなよ。
    C:自身あってもなくても、長崎チャンミンは一緒だよ!!!!!
    Y:次に会える機会があったら新しいネタを教えてもらおう!!

    C:聞いてみたいです
    Y:さんまさんに?
    C:どういうこと?
    Y:しょーゆーこと!!!

    って、これコントか何かですか、っていうぐらい面白かった。
    じゃなくて!!!
    二人で活動再開して、TONE以降、チャンミンはMCでのギャグだろうと
    なんだろうと、こんな風に「やりたくない」なんて姿は一切見せませんでした。
    でも、チャンミン的には実はこれがスタンダード。

    昔はMCでギャグとかネタひとつ何か披露するのも、「本当にやらなきゃダメ?」
    とか、メンバーじゃなくて(笑)マネージャーにまで事前に聞いて(やれって言われて)
    それでもステージで、ダメ押しでやりたくないとか言ってたものでした。

    「二人になった」っていうハンディとか、覚悟とか、そういう呪いのような重し
    から、ようやく解放されたんだな・・・・・・って、チャンミンが「やりたくない」って
    ごねてる姿を見れたことで知ることができた気がします。
    そして、それはTONE、TIME、そしてTREEと二人の地道な活動が実を結んだ
    からこそチャンミンがまたそういう風に言えるようになったんだな・・・、と思って
    本当に幸せな気持ちになったのでした。

    (やりたくないって、駄々をこねてた姿を見れて、ハッピーって。。。(笑))

    ■エーイング
    先ほどのMCの続き

    Y(?):これも(しょーゆーことのギャグ)さんまさんに教えてもらったんですけどね。
    C:でも一応、憧れなんです。
    ファン:えーーっ!?(思いっきり懐疑的)
    Y:チャンミン、本当に憧れているんです。
    とユノも昔からチャンミンは本当にさんまさんに憧れていたと
    フォローするも、ファンはまたしても疑惑のエーイング。

    C:そんな僕、生意気な人に見えますか?
      誰も尊敬する人がいなくて、自分だけが凄いって!!!
      (ここはちょっとうろ覚え)

    ユノがチャンミンが昔から本当に憧れていたと、更にエピソードを
    紹介してフォローするもファンからの疑惑のエーイングは一向に
    収まらず。
    Y:もういいですっ!!!
      信じるか信じないかは、勝手にやって!!!
    と、早口でちょっと自棄になって話す口調がちょっとオネエちっくで
    笑ってしまいました。

    けど、ユノとチャンミンのMCでは普段手のひらで転がされてるファンの
    私たちですけれど、この日は、いつまでも疑惑のエーイングが続いて
    いて、ちょっと面白かった。

    ■語用論、同音異義語
    黒コーチの「はいせーいかーい」を表情をつけて、やってみせるユノ。
    それを覗き込むように、まじまじと見ていたチャンミンが

    C:いいですね。その表情を自分のものにしたいです。
    ファン:ギャーッ
    チャンミンはっとして

    C:みなさん勘違いしているかもしれないですが。
      その意味は、その表情を自分もできるようになりたいという意味です。
    Y:大丈夫。
      自分の中に結構入っているからね。

    と、これまたユノが天然さん丸出しで、そして、ファンのみなさんが超勝手に
    脳内変換したらまたまた喜びそうな、わかってるんだか、わかってないんだか
    なコメントでした。

    これなんて、ま、さ、に、チャンミンが語用が使えてるという証。

    そして、ユノも20日の韓国語講座で、
    「今までの復習をします。リベンジじゃないですよ。」と。こちらは同音異義語を。
    けれども、「協力してもらう」が言えなくて、「協力する」と間違い続けていて、
    使役動詞の受身形はまだ、マスターされていないご様子ですが、いつでもわたくし
    レクチャーに参りますのでお呼びくださいー。(笑)

    ■ユノの告白1
    今日は16時スタートだから、明るくて全部ばれちゃうから変なことしないでくださいっ
    て言ったら、ダンサーさんもバンドメンバーもみんな緊張しちゃって(笑)
    僕もいつもだったら、後ろ向いたら「早く早くっ」とかやるけど、今日はこういう風に
    (と動きを実演)格好つけてたから、いつもより早く疲れがでちゃいました。

    ■チャンミンの告白
    ユノに続いて、はいっと手を挙げ

    C:反省しなくちゃいけないことがあります。
      真ん中に立つ時(メインステージ)、1.5なのにずっと1でやっちゃいました。
      サムさんが、1.5、1.5って。
    Y:大丈夫だよ。その時は僕もチャンミンの方に行くから。
     (等々、ユノがフォロー。)
    Y:これ(イヤモニのこと)、実はSAMさんの声とか聞こえてて間違ってると、
     「ユノ、あっちだよー」って言われます。
    C:立ち位置なんてたいしたことじゃないのに。
      大阪のドームでちゃんどできるか、大したことじゃないのに自信がないです。
      期待しないでくださいSAMさん。

    **
    ユノの告白1と、チャンミンのこの話は裏話としても興味深かったです。
    みなさんご存じとは思いますが、一応解説すると、アリーナはユノとチャンミンの立ち位置は
    1でやっていたけれど、ドームはステージの規模に合わせて1.5でやらなくてはいけない
    のに、1でやってしまったということだと思います。

    今回見ていて、マイナーチェンジとかブラッシュアップのされ具合が、
    わたくしのような素人が見ている限りでも、凄く念を入れてやっているのに気付くほどです。
    ダンスパフォーマンスなどのブラッシュアップ、だけではなくて、アリーナとドームでの演出
    の違いでは、バラード曲での花道を移動するタイミングも違います。
    (ドームの方が、センターステージで歌う時間が長くなるよう早いタイミングで移動)

    それに、どちらかといえば、日頃、立ち位置とか移動の動線での間違いをするのは、
    チャンミンよりユノの方が多いにも関わらず、チャンミンのこの泣き言です。
    チャンミンが「立ち位置なんてたいしたことじゃないのに、自信がない」と言っている、
    というのは、恐らく今回ステージ全般を通しての日々の手直しが、如何に多くて細か
    いか・・・ということを指していて、だから、結果として「立ち位置ぐらいのことで」
    という発言になったのではないか、という気がしました。

    だって、本当に、単に立ち位置だけの問題だったら、過去にアリーナ、ドーム取り混ぜて
    何度も経験してますから、こんな発言するかしら・・・?と。

    何を言いたいかと言うと、今回それぐらい気合いれて
    日々手直してしているのを、ビシバシ感じるステージだ、ということなのです。

    ■We are
    ユノがあまりにもノリノリで見ていて、HAPPY♪
    そして、本当に大好きなんだなこの曲・・・といつも思います。

    だって、チャンミンのパートもマイクなしで歌って、踊りまくっていて、
    東方神起のライブなのに、トロッコの上でユノ単独エアライブ状態なことが。
    そしてそして、この曲はキーが合うのか、歌いやすいのかライブ中
    1、2を争う歌の良さ。(素敵—)

    ■ユノの告白2
    今日のスタートは16:00~ですが、個人的には18:00以降の方が調子がいいです。
    でも、今日は16:00スタートだから10:30に起きました。
    (会場ざわざわ。(ファンから、ちょっと遅くない?という・・・)
    昨日は12:30(夜中)に帰ってきて、リハーサルが14:00からだから10:30に起きた
    んだけど、本当はこれくらいの時間の方が調子良いです。
    あ、でも何時でも大丈夫です。

    C:大丈夫だったら最初っから言わなくてもいいのに
    Y:機会があったら・・・16時よりは18時の方が調子良いです。
    (ユノ、何かを言うがチャンミンの突っ込みでしどろもどろに)
    Y:気にしないで!!

    ファン:(その様子を見て)かわいいー!!!
    C:格好良いじゃないですか。
      ちゃんと自分だけのマイペースがあります。

    と、ユノが可愛いじゃないからねっと反応し出す前に、勝手に事態を収束(笑)


    24日に関しては、あげていくとキリがないのですが、
    福岡と全体の感想に行きつかないと困るので、この辺で・・・。

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ancientoath.blog105.fc2.com/tb.php/613-51e20f6a

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。