FC2ブログ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    東方神起 LIVE TOUR 2014 ~TREE~ in 大阪 FINAL(6/22) 

    TREEのオーラスです。
    良かった日って、あまり書くことがないなーと。

    オーラスで見たもの
    の記事中に書いた、6/22の感想の部分が全てな気がします。
    (一応、続きのトップにコピーします)

    後は、あれですね、ユノのMCで私が驚き過ぎて、覚えておこうと思った
    ことがすっかり飛んでちゃったのと、良かった日って、細かいことは割と
    どうでも良くなっちゃうので、オーラスだけど簡単です。

    あと、MCは字が読めないとか、何か抜けてる・・・と思われる箇所が
    あるので、皆さんの記憶とすり合わせて、補ってください。

    6/22  オーラス
    **
    オーラス、京セラドームでの6/22の内容は、久々に素晴らしかったです。
    東方神起は、ここ一番の集中力を発揮して、観客を自らのパフォーマンスに巻き込んで、否が応にも会場のボルテージを一気に加速させていきました。チャンミンがいつもはここら辺でバテてくる・・・という後半でも、間延びすることも減速することもなく、次の曲に行くタイミングで、それがダンス曲であってもチャンミンは、楽しくて堪らないというように瞳を輝かせていたのがとても印象的でした。実は、今年のユノのソロ曲は、私にはユノのソロステージ史上、最も精神が暇な演目なのですが、それすらも楽しかった・・・という、個人的にはあまりのミラクルさに驚いてしまったほど。(過去記事より転載)

    ***
    今、思い出そうとしても、後半でキツイ局面になっても、新しい曲になる度に
    瞳を輝かせているチャンミンの笑顔が印象的でした。そして、「伝えたい」という
    気持ちが抑えられなくて溢れちゃってるユノの姿が。
    メモを見ると、色々、危うい瞬間とか声とか色々あったけれど、そんなの全然
    私の記憶にない。(わたしのメモには残っていますけど)

    前日、6/21は気持ちはともかく、コンディションが悪いし、ぐだぐだしてたので、
    オーラス大丈夫?と思っていたのに杞憂でした。
    けれど、肉体的疲労は6/22の方がキツイはずなのに、前日とは打って変わった
    素晴らしさに、二人ともハイになり過ぎて脳内物質出まくって疲労を感じてない
    かもしれないな・・・と思ったぐらい。
    最後の最後に「これぞ東方神起」という内容のライブを見ることが出来て満足です。

    ■TOPICS
    「Disvelocity」はアリーナとドームと少々演出が違います。
    アリーナだと、蛇だとか翼だとか、猛獣だとかの映像を背景に踊りますが、
    ドームだとその部分でユノとチャンミンは一旦引っ込み、ファンは映像を見ていることに。
    まあ、簡単に言うとドームは体力を使うので、若干省エネバージョンにしたんだな、
    というふうに思っていたのですが、一旦引っ込んだステージ裏も結構な忙しさだと
    いうことがわかりました。

    ステージサイド席だったので、ディスプレイ裏のせり上がりの台に二人が乗って
    降りてきてから、次に出ていくまでの流れを見れました。実は裏でも結構忙しくて、
    ファンが映像を見ている間、ある瞬間はちゃんとタイミングを合わせて、ユノと
    チャンミンが裏でポーズを決めてました。そこからユノとチャンミンがポジションを
    入れ替わって、次にまたステージに出て行くまで待機。
    「ゆっくり休める」なんて感じでは全然なかった。
    でも、どう考えても、裏でポーズを取っている部分が、客席から見るとどういう効果
    になっているのかが、謎で。東京ドームでも、京セラの前日も、まさか二人が引っ込
    んだ映像部分で、二人が裏でポーズを取ってなんらかの効果を添えてるなんて
    思いもしなかった!!!

    「CRAZY×3」の件で、今まで書かなかったのでここに書きます。
    サビのCRAZY×3の部分で、左腕を曲げて、右腕を前後に振る振り付けがありますが、
    あの部分で結局、オーラスのこの公演まで、チャンミンは左腕をまっすぐ伸ばしたままでした。
    最初に気づいたのは名古屋だったかな?ダンサーさん含め、全員左腕は曲げているのです。
    バラード曲を歌うときの、チャンミンの右手の動きと同じく、(あの手を抑えたらきっと歌え
    なくなるんでは?というファンの都市伝説(笑))あれきっと曲げたとたんに歌えなくなるか、
    踊れなくなったりするのかしら・・・・とツアー中妄想させて頂きました。Thank you^^

    「WE ARE」だと思うのですが、のトロッコ内で、ユノ右手首の黒ブレスレットが
    外れたようで、左手に何かと重ねて外れたブレスを一緒に持ってました。
    歌ったり、踊ったり、ボール投げたり忙しいので、どうするのかな?
    と思っていたら、いつの間にか僅かな隙を見つけてブレス装着。
    あれ、ユノって意外と器用なの?と思った瞬間。(笑)

    SWEATでチャンミン転ぶ
    ステージサイド席の割と近い位置で上から見下ろす形で、転ぶ瞬間を見てましたが、
    接触とかではなく躓いたか何かで転んだもよう。脚を抱え込んで、かなり長い間足を
    抱え込んで座り込み、痛そうでした。
    後列のチャンミン近くのダンサーさんは、踊りながらも最初のうちはチャンミンをチラチラ
    見て気にしていたのですが、ユノは視線ひとつチャンミンに向けず!!
    「気づいていたのか」「それとも気づいていなかったのか」それが気になって仕方が
    ありません。


    ■SAMさんを呼ぶ
    最後の挨拶の時、ユノとチャンミンがPA席のSAMさんを呼びました。
    スタッフ数名と共に走るSAMさん。

    チャンミンは、はじめのうち「SAMさん、SAMさん」と言っていたのに、
    「サーム、遅い。サーム、はやく。」と敬称なしで、節をつけて歌ってた。(笑)
    ドームは大きいので、結構時間がかかって、ようやくメインステージの二人の
    ところまでたどりつくと結構疲れてらっしゃるようでした。(笑)

    ユノが、「SAMさんが、今遠いって言いました。」
    「この遠いステージを僕達はいつも走ってるんですけどね。」
    って、言っているのが面白かった。(笑)

    SAMさんは、息が切れて疲れているのに、
    「SAMさんひとことお願いします」「お願いします」
    って、ユノとチャンミンに次々と容赦なくすごーく口元の近い位置に、押し付
    けんばかりにマイクを差し出されて、「ちょっと、待って、待って」と言ってる姿が、
    ユノとチャンミンも遠慮がない感じでSAMさんの二人に対する態度もフラットで。
    ツアー前の練習時とか、リハーサルとか彼らの日常を感じさせられて、なんと
    も微笑ましかったです。

    ■SAMさん挨拶
    ひとこと。
    ライブが終わった感想ですが、お疲れさまですみなさん。
    ファイナルまで無事に怪我無く終わってよかったです。(ちょっと曖昧)
    東方神起のライブをいつも見ていて感じるのは、格好良くて、楽しくて。
    一番感じるのは、暖かさを感じます。

    (だから)うちのスタッフも全力で支えているんだと思います。
    彼らはこれからも進化すると思うので、これからも応援してあげてください。

    ■SAMさん挨拶あと
    Y この人数で、みんなで頑張りました。
      見えないところで頑張っているスタッフさんも。
      今日、本当にありがとうございました。

    テロップ  29公演お疲れ様でした

    SAMさん、ユノ、チャンミン、手を繋いでお辞儀

    ユノ   大阪のみなさん
         東方神起の気持ちちゃんと受け取りましたか!
         みなさんが幸せと  ? が(幸せに思えることが??)
         東方神起の本当の幸せです。
         今日の主人公はここにいる大阪のみなさんです

     ?   今日楽しかった。
     ?   ありがとう!!

    ■チャンミン挨拶
    本当にこれで、今この瞬間、ライブツアーTREEは終了ということになります。
    さっきアンコール最初に、少女時代のライブが楽しかったって言ったんですけど、
    久しぶりに客席に座ってファンの皆さんの顔を見たりしているうち、幸せと力を
    もらっている、そういう風に見えたんです。

    アーティストを見てこんな大きな力をもらっているんだって。
    もちろん知ってたんですけど、東方神起のライブがみなさんにとって、
    力になってます、ありがとうございますって、結構言われるんですけれど・・・

    ライブの最中って、歌ったり踊ったりしてるだけで精一杯じゃないですか。
    でも、今日は最終日なので皆さんひとりひとりの顔を見てみようと思ったんです。
    今日幸せそうな顔をしている皆さんを見て、皆さんの力になれるアーティストになって、
    ひとりの人間としてめちゃくちゃ力になりました。
    本当にありがとうございました。

    ■ユノ挨拶
    「Somebody to love」の2サビかな、
    いきなり泣きそうになってびっくりして、最後の曲は絶対に泣かないって
    思ったんですよ。歌詞もそうだし。

    何で東方神起はこんなに愛されてるのかなって思ったんです。
    2人とも外国人だし、日本語もそこまで上手くないし・・・。
    でも、見えないお互いの気持ちが繋がっているんじゃないかなって。
    東方神起のメンバーになって良かったと思います。

    (解読不可能。みんなで、幸せになれるのが重要。等々)

    それでね、東方神起の最後と・・・・
    最後と最高のメンバーはみなさんだと思います。

    これは今まで一度も言ったことがなかったんだけど
    周りのスタッフさんみんな、東方神起のことが大好きで・・・
    リハーサルも朝早くから準備して・・・
    東方神起のスタッフは僕の誇りだ!!!
    ・・・上から目線であれですけど。

    みなさんは東方神起の宝物です。
    今日はメッチャ幸せでした。ありがとうございました。

    コメント

    あっという間に・・

    あやんさん、こんばんは。
    ご挨拶が遅くなり申し訳ありません。
    京セラオーラスでお会いすることができて楽しいひと時を過ごさせていただきありがとうございました。
    勇気を出してお願いして本当によかったです。
    いろんなお話を伺っていろんな発見をさせていただいてあの日のライヴがいつも以上にワクワクでした。
    crasy×3のチャンミンの腕まっすぐには、心の中で「キターーーーーーー!!!」笑

    実はあの日トロッコの目線と同じ高さの激近の席にいましたが、「STL」の最後の最後でチャンミンさんからビックリのファンサをいただきまして、そのすぐ後の彼のあんなコメントだったので、妙に納得してしまいました。
    せっかくの休みに妹分たちのライヴに行って、叫んでいたなんて!とあやんさんが嘆いていらっしゃいましたが、あんなファンサをいただくとチャンミンさんきゅー♡と思ってしまいました 笑

    しかしそんなこととは別にして、オーラスは本当に素晴らしかったですね。
    今日「TREE」のドキュメンタリー映像が公開されました。彼らの舞台裏での様子を見るのはもちろん今回が初めてではありませんが、あれほど鬼気迫る映像は初めて見るかもしれません。2人が背負いこれからも歩いていく道を思い感慨深い気持ちになりました。
    ユノはあの日、何を見て何を感じたのかな・・

    少しこの場をお借りします。
    ちひろさん、先日はお世話になりありがとうございました。
    ご挨拶が遅くなりごめんなさい。
    ちひろさんのチャミ愛を伺ってとっても楽しかったです!
    いつかまたお会いできますように・・・

    あやんさん、連日猛暑が続きますがお身体ご自愛ください。
    また記事の更新楽しみにしています。

    Re: あっという間に・・

    Kunさま

    こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    こちらこそ、ようやくお会いできて嬉しかったです。
    楽しいお話をさせて頂いて、時間があっという間でした。

    > しかしそんなこととは別にして、オーラスは本当に素晴らしかったですね。
    > 今日「TREE」のドキュメンタリー映像が公開されました。彼らの舞台裏での様子を見るのはもちろん今回が初めてではありませんが、あれほど鬼気迫る映像は初めて見るかもしれません。2人が背負いこれからも歩いていく道を思い感慨深い気持ちになりました。
    > ユノはあの日、何を見て何を感じたのかな・・

    本当に、ユノは何を見て、何を感じたのでしょうね。
    でもその前に、私は自分が何を見たのかすら思い出せない状態で・・・。
    私はユノの挨拶から記憶が殆どない状態で帰ってきたので、Wアンコールまで
    しっかり残っていたのに、記憶が曖昧です。

    何か、もう昔とは違って、背負う物が大きくなり続ける
    二人を見ていると、時としてせつなくなりますね。

    さて、お会いした時に話題に出た「チャンミン入り口の記事」ありました。
    書いた本人がすっかり忘れていただけでした。(すみません)
    3rd tour 大阪のあたりで書いてました。
    ただ、内容があまりにも与太話なので・・・アドレスは張りませんが。(苦笑)


    Kunさんもお身体ご自愛くださいね^^

    感動の本質

    このタイトル、何回か使ったような??それでも、6/22に関してはこれに尽きると思います。技術や演出ももちろんですが、それを突き抜けた「何か」を感じさせる公演でしたよね。このつきぬけた「何か」こそが感動の本質なんだと改めて思います。何かってなんですか~?だからこそ何年もファンやめられないので、いつか彼ががステージを降りるその時まで、私は追及してみます(笑)

    ここまで感動してしまうと、本当になにがどうよかったのか、もうどうでもよくなってしまうのですが・・・今回はせっかくあやんさんとご一緒できたので、あの日の感動をもう一度、ということで。

    CRAZY~のチャンミン!!もう笑ってしまいました!!確かに伸びきってますよね(笑)でも、きっとチャンミン、無我夢中で一生懸命なんですよ~(お母さんの優しさ 普段きもいとかしか言わないけど) ご指摘の通り、伸ばし切っていないと思うように歌えないんだと思います。どうしても、ここ一番で力んでしまう彼、なので。(一生懸命 飄々としてますけどね) 

    今回のツアーの、大変個人的な総括になりますが、私自身も驚きなのですが、実は今回のツアーに向けて本格的に体を鍛え初めまして、(いわゆるダイエットです、たいしたことはしていませんが。たまにはおしゃれしたいので、笑)改めて歌いながら踊るのって実はとんでもない作業なんだってことに気が付かされました。だからこそ、ユノの肉体表現の伸びやかさと力強さにいまさらながら感嘆できたり、チャンミンの成長っぷりに自分で気が付けたりしたのかな、とも思います。

    偶然だけど、実は必然なんでしょう。あやんさんやその友達や、KUNさんと楽しい時間を過ごせたのも、きっとそうなんだろうなぁと思います。

    ファンでいてよかったなぁって心から思えるTREEツアーでした!!

    追記:ユノの美しさを追求するあまり、今度はバレエにはまってしまいまして(笑)いや、これは意外とユノユンホとバレエっていいかんじなんですよ!!

    まらいつかお会いできたらこんな与太話にもお付き合いくださいませ。

    まだまだ暑い毎日ですが、ご自愛なさってください★

    追記2:KUNさん!!わざわざありがとうございます。私もまたお目にかかりたいです。でも残念ながらビギイベは2次抽選結果待ちなので・・・次のツアーで★ きっときっと、次のツアーで、です。

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ancientoath.blog105.fc2.com/tb.php/628-02af1365

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。