FC2ブログ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    田舎っぺ神起 

    先日の記事で書いたように、2006年に出演した感嘆符という番組の
    「山を越え、川を渡り」というコーナーのはっちゃけっぷりが見事な
    田舎っぺ神起のパフォーマンスをご紹介したいと思います。

    これを3集活動中に「”O”正・反・合」で格好良くて、華麗なステージを
    繰り広げていた最中にやってしまう東方神起と、OKを出したSMエンタ。
    どちらも、お見事という他はありません。

    今のユノの振り幅の広さや、エンターテイナーぶりのルーツが感じられる
    楽しくて素敵な映像ですが、実はそれだけではありません。
    「ピョルパラギ」でもキーワードになっていて話が出ましたが、2006年の
    例の事件とも少し関係があります。

    2006年当時の映像をご紹介するので、見たくない方はスルーしてください。
    それでも、ユノペンのみなさんは知っておいて頂きたい内容です。
    チャンミンペンの方は、それこそ今の成長具合に驚かれるかと!
    「山を越え、川を渡り」とは、MC(キム・ジェドン)とゲストが田舎・・・というより
    僻地を訪れ、過疎の村で暮らすお年寄りの悩みや困っていることを聞き、問題
    を解決する番組です。(私の理解が正しければ!)
    この番組は多くの場合、芸能人自らが志願して出演を決めているそうです。

    東方神起は2006年3集活動中に4回に渡りゲストとして出演しました。
    1回の放送時間は約30分程度です。

    東方神起出演分が最初に放送された10月14日、当にその日にユノが事件の
    被害にあいました。次回放送分10月21日分は収録済でしたが、4回出演予定
    の後半2回はまだロケを行っていませんでした。

    経緯は以下になります
    10月14日 22時頃、KBS別館で「女傑6」のオープニングの収録を終えて、
           休憩室に移動途中に渡された飲み物で、事件が起きる。
           江南の病院に救急搬送、処置を受ける
    10月15日 午前中は精密検査。
           午後は食事を取れるまで回復。
           (午後2時40分、犯人が自主)
    10月16日 明け方、ユノ、リレーダイアリーでファンにメッセージを伝える。
           (この時期にサイトで行っていた、メンバーで交代に書く日記)
           午後退院。宿所で休養。
           ユノが警察署に自ら電話をかけ加害者に対する善処を求めた。
           所属事務所は、週末からメンバーの活動に合流すると発表。
           (19日には、「山を越え、川を渡り」のロケに参加するとTV局PDが連絡受ける)
    10月19日 「山を越え、川を渡り」のロケに参加


    そして、10月28日、11月4日放送分のロケが10月19日にユノも含めて全員で行われ
    ています。(一部、仕事の関係で遅れて参加したメンバーあり)

    ご紹介する田舎っぺ神起のパフォーマンスは、そういう過疎の村で薪割りや馬糞運び
    などでお年寄りの困っていることを手伝い、お話を聞いて、そしてそのお年寄りのみな
    さんに喜んで頂こうという中で東方神起が用意したパフォーマンスです。

    すごく面白くて爆笑ものなんですが、面白いこと、変わったことをしようと思ってしている
    んじゃなくて、「どうやったらお年寄りの皆さんに喜んでもらえるか」を考えている。
    だから、活動中の「”O”正・反・合」はスルーして、田舎っぺ神起なんです。


    動画だけ楽しんで頂いても構わないのですが、東方神起のファンの方には、
    背景は知っておいて頂きたいな・・・と思って。

    そして、パフォーマンスは2回やっていますが、1回目は事件前(10月4日放送分)。
    2回目は、事件後の収録です(11月4日放送分)。

    この番組は、本当に良い番組で見ていて思うところは色々あるのですが、事件からの
    復帰も早くて「もう少し休養していてもいいのに・・・」と、ファンは少なからず思っていた
    のですが、復帰後の早い段階で出演したのがこの番組で本当に良かった、と当時
    見ていて思いました。

    11月4日放送分のパフォーマンスが、既にあの事件の数日後に行われていた・・・
    ということも驚くのですが、都会から離れ大自然の中で、お年寄りの身の上話を聞きな
    がら、辛い話には心を寄せ、楽しい話には共に笑い、役に立とうとお年寄りの手には余
    る仕事に熱心に励み・・・・そうやってお年寄りと心を通わせるユノの姿を見ていると、
    人間は他人によって傷つけられるけれども、傷が癒されるのもまた他人との関係の中に
    於いてなのだ・・・ということが感じられるのです。

    前置きが長くて、ごめんなさい。

    10月14日放送と11月4日の放送分のパフォーマンス。
    そんなところも、気にしながら見ていただくといいかもしれません。

    「山を越え、川を渡り」 ダンス 10月14日放送


    「山を越え、川を渡り」 ダンス 11月4日放送



    全放送分(字幕なし)
    10月14日


    10月21日


    10月28日


    11月4日

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ancientoath.blog105.fc2.com/tb.php/629-30c39391

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。